2006-04-15 20:37:06

トイレで昆虫観察

テーマ:教え



本日の「厠(かわや)イヤミ百景」は、当方のブログの一つ歩こうの会おざなと連動しています。






302



外見からしてこの仕様。

入る者を選びます。




見て分かる通り、男も女も無ければ、小用・個室も関係ありません。

この箱だけがトイレです。





303


仮設っぽい匂いもしますが、花が描かれていることからそれなりに力を入れてもらっていることが伺える。


中もお花畑なのか?


お花が咲いたかのようなのか?


ワクワクがドキドキなのか、否が応でもこちらの期待感を煽ってくる。




それでは入ってみよう。









開けてイッパツ真正面。









304




しまった!罠だ!罠だったんだ!








しかしもう遅い、出会ってから記憶を消すことなんて地上30メートルの雑居ビルから飛び降りでもしなければ無理な話だ。





それではと真っ向勝負、アップしてみよう。











305


「トイレ DE コンチューカンサツ」







一見、フランス語かしら?と思わせる「DE」の使い方。例えるなら「CAFE DE 鬼(鬼のカフェ)」のように所有格を表すように訳せば、「コンチューカンサツのトイレ」





308

コンチュー・ロナルド・カンサツ A.D. 1878~1941 (こんな人いません)






しかしバッチリ日本語の文法に沿った「DE」の使い方のようで、そのまま「トイレで昆虫観察」と申しておるようだ。

「セカチュー」じゃなく、「コンチュー」なのだ。






今までトイレで「レッツ、昆虫観察しようぜ!」と有無も言せずジョイントを誘われたことが諸君はあろうか?



そうじゃなくても田舎のトイレなどに行けば、自然と排出物の匂いや川辺と間違えた虫たちが寄り集まって、虫虫大行進しているようなものなのに、ここってばそれらを「観察しようぜ!」と申している。







物は言い様だな。



しかもこの貼り紙に溢れる管理者の飛びぬけたセンス!


「トイレ」の文字にボーダー加工、わざわざ「で」を「DE」と表示、そして素直に「昆虫観察」と書けば良かったのに、なぜかカタカナ表示で白抜き加工の頼りないよれよれ感を伴った「コンチューカンサツ」「チュー」のところに類まれなる脱力感を感じる。とても素人の文字じゃない。



常日頃、虫のことばかり考えて暮らしている者だからこそ書けた奇跡の作のようだ。

何もかも、文の内容も書体も全てがミラクルショット。




まるで触覚の先端で書いたかのような妄想さえ湧いてくる。

そんな貼り紙。





さて、「トイレで昆虫観察」と言ってくるからにはそれなりのものがあります。


そうです、貼り紙があります。









ためされる大地。

ためされるトイレ。

ためされる虫知識。








今回のトイレの貼り紙は長くなるので次回に続きます。










pp
ポニーキャニオン
ラーメンズ 第15回公演 「アリス」
dvd

人気ブログランキングに参加中!記事が面白かったら、クリックで応援をお願いします。
ranQ

都内、とある公園施設にて

http://www.leolio.com/index/



ランキングオンライン blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------

本日の更新

歩こうの会おざな

am11:59の深呼吸




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。