2005-11-24 22:28:09

便は便器の中へ

テーマ:教え

136


「禁煙」


そして、その下に印刷じゃなくて感情こもった人間の文字で、


「便は便器の中へ」


もうなんだか人間として、二足歩行の動物として最低のこと言われてるね。

終わりだよ。

こんなこと言われるようじゃあ終わりだよ。


アルツハイマー全快ならまだしも、そういう理由じゃない人を対象に向けて放ってるでしょ?


トイレを使う際の最低のルールであり、人間として常識ギリギリ勝負のラインに触れるこの発言。

掃除する側の憔悴しきった様子が目に浮かぶ。


いったいどんなぶち撒けられ方してたのか?

でもよく和式なんかだと後ろの方に蛇足のごとく茶色のモノが便器と床をまたがっていたりする。



掃除する側としては正直イヤだわな。


にしても普段から「俺、アウトドア派だから!」なんて言ってる人はともかく、こんなこと言わせてしまうようになったら終わりだよ。


そしてこの付けたし一言文はまだ他にあり、




135


どれだけ世話焼かせたらいいんだ。


掃除の人はお母さんか?

紙の幅を考えずに書き始めて、気付くのが遅かった最後の方はもう字が小さくて分かりづらいけど、


「タバコを便器の中に捨てないこと」


と書かれている。

トイレの敷地の外に生活指導の先生でもいるのか、トイレで隠れて吸って便器にポイしてる人が数名いるということを表している。ってここはただの駅前のトイレなんだけどね。

最近は禁煙ゾーンも増え、歩きタバコも禁止しているとこもあるから、トイレの中で一服という人々もいるかもしれない、でもさ、


そもそも禁煙だから。


どんなに赤文字で大きく、「禁煙」と書いたところで、その二字熟語の下に貼り紙効果が無かった結果の一文を書く羽目になったというわけだ。

禁煙なのに、タバコを便器に捨てるなってなんだかシュールだな。


あの「禁煙」の文字の下は掃除人のフリースペースらしい。


印刷されて一応貼るように指示された禁煙の貼り紙。でも貼ったはいいものの、日々掃除して行くうちに利用者に対して、「禁煙」の文字だけに収まり切らない言いたいことが積もり積もって行ったようだ。

かと言ってぶつける場所がない。一日中「ただ今清掃中」の立て看板を立てて意地悪という名の仕返しするわけにもいかない。


ふと見上げれば、あるじゃない?


ここ白いじゃない?


俺たちだけのグランドじゃない?


そして彼らは青いペンを握って主張を始めたということか。


なんだかほの悲しい物語(ストーリー)だね。


彼らも書きたくて書いたわけじゃないだろう、出来るものならこんなこと書く必要性に駆られる日なんて来て欲しくなかったことだろう。でもそんなことを書いてしまうほど、誰かたちは彼らを追い込んでしまっていたようだ・・・、


「便は便器の中へ」


と。



大人が言われるようじゃあ、犬・猫以下だな。






ちなみに同じトイレ内に・・・、




137



「最近、いたすらによる故障が増加しています。修理費は、市民の貴重な税金でまかなわれています。マナーを守り使用してください。       市役所 減量推進課」


減量推進課というのは、「デブ気味の市民を強制的に痩せさせる課」とかじゃなくて、ゴミ問題の方だね。

このトイレは市の管轄下に当たるみたいだが、減量推進課というところが管理しているのか。



いたずらによる故障が増加しているそうだけど、言ってる側から貼り紙ちょっと剥がされてるものね。

どんだけ荒れ放題なんだか、ここの駅前トイレ。



私が行ったときは故障中のトイレは見なかったけど、駅の反対側の方のトイレは結構な量の壁のタイルが破壊されていた。

誰か渾身の力で正拳突きでもしたんだろうか?




痔持ちの空手家とか。




マナー以前のものが問われるトイレでした。




どうぞ便は便器の中へかましたってちょ。










人気ブログランキングに参加中!記事が面白かったら、クリックで応援をお願いします。
ranQ

湘南、とある駅前トイレ内にて





http://www.leolio.com/index/



ランキングオンライン blog blogou
らんきゅ~ __________________________________________________ranQ

-------------------------------------------------------

本日の更新




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。