殺傷能力のある違法な改造モデルガンを所持していたとして、福岡県警捜査1課警部補の岡田好典容疑者(46)が銃刀法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された事件で、容疑者宅の捜索で見つかったほかのモデルガンは真ちゅう製の旧式で十数丁あったことが、捜査幹部への取材でわかった。

 同庁は、改造に使っていたとみられる器具も容疑者宅から押収。同庁は、収集欲が高じて違法なモデルガンを購入したり改造したりしていたとみている。

 岡田容疑者は4月15日午前8時25分頃、自宅リビングに改造モデルガン1丁を木箱に入れて隠し持っていた疑いで、21日に逮捕された。米国製「ミリタリーアンドポリス」と呼ばれる拳銃を模造したモデルガンで、実弾を発射できるよう改造されていた。

 捜査幹部によると、岡田容疑者は「改造モデルガンは収集家仲間から買った。中学生の頃から旧式のモデルガンに興味があった」などと供述しているという。逮捕容疑となったモデルガンは収集家の間では「あこがれの品」だったという。

 また、捜索で見つかったモデルガンも実弾が発射できるよう改造された形跡があった。同庁で殺傷能力について鑑定を進めている。

JR脱線事故直後、救助に走った男性 あの惨状語り継ぐ(産経新聞)
JR武蔵野線、運転見合わせ 西船橋-府中本町駅間(産経新聞)
「病院にノーメークで行け」…薬物不正入手(読売新聞)
「本当は二大政党の発展が…」福岡知事、新党ブームを批判(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)