自分は、小学生の時に、将棋にハマりました。

 

なぜか?

 

家に将棋盤があったからです。しかも、3寸くらいの厚いしっかりとした盤です。

 

兄弟して、その盤で将棋がしてみたくてたまりませんでした。将棋のルールを覚え、そのうち本を買って研究し、兄としょっちゅう対戦をやっておりました。

 

兄弟して血の小便が出るほどの厳しいスポーツで体を鍛えていたにも関わらず、将棋に夢中になっていたのです。

 

日曜の10:30と言えば、将棋のNHK杯

 

必ず見ておりました。

 

朝、ちょっと見て見ると、出だしの音楽が、懐かしくて、口ずさみました。

 

覚えているこのメロディ。何十年ぶりに聴く?

 

何度、心ワクワクしたことか!

 

米長邦雄VS羽生義治

 

羽生さんも若い!まだ少年。

 

本当に懐かしい。

 

ところで、自分と同じくらいの実力の知人が2名いまして、昨日夜は、弊社事務所で対戦。

 

しかし、駒が安っぽくて、雰囲気が出ません。

 

ということで、メルカリで、ポチってしまいました。

 

趣味が一つ増えそうだ!