農家をやっていて、いつもいつも湧き上がる感情があります。

 

それは、何故草は放置していても丈夫に育つのに、作物は、大事に育ててもなかなか丈夫に育ってくれないのか。。。

 

Yamazaru農園では、除草剤を使わない為、草刈りや草抜きをしなければなりませんが、大きくて立派な草を見るたびに、自分の心の中に、

 

なぜ?

 

という感情が、どうしても湧いてきます。こんな単純な質問程難しいことはありません。放っておいても、草より元気に育つ作物があったらなあと、思う次第です。


黒とう病のシャインマスカット


こんな風に、ちゃんと育って欲しいものは、すぐに病気にかかります。


なぜ?

 

また、草は、病気にもなりません。不思議です。梅雨の長雨で、草が病害虫に侵され全滅。なーーんてことは聞いたことがありませんが、作物は、簡単に全滅してしまいます。

 

ということで今のところ、元気に育つ草を肥料にして、土を作れば、作物もきっとそれを栄養とし、元気に育つのではないか?ということを思いつきます。あくまでも仮説ですが、何年、何十年とこれを延々と繰り返して、その結果を得ようと考えています。

 

草を施肥する

image

 

まだまだ、何にも分かっちゃいない自分です。

 

他の農家さんに一歩でも近づけるよう、学び直しです。

 

それには、まだまだ、経験が必要です。

 

 

ペッテション 交響曲第16番

 

 

死ぬまで新たな水平線への挑戦をし続けたペッテションのように、死ぬまで自分は自然を学ぼう。学んだとて、それは自然のほんの一部でしょう。ですが、ほんの自然の一端でいい、何かを感じてみたい自分です。





一歩一歩進んで後退する。


それでも前へ 前へ!