近場に潜んでいた毒魚 | おさかな日記

おさかな日記

淡路島岩屋漁協の職員が、獲れた魚や日常をつらつらと書いていく日記です。


テーマ:

今日、シラスの荷捌き所でこんな魚がおりました。




名前は「ソウキハギ(ソウシハギ)」といい、消化管や肝臓などの内臓にパリトキシンという毒を蓄積していることがあります。パリトキシンは猛毒で、筋肉痛、呼吸困難、けいれんなどの症状を引き起こし、最悪の場合には死に至ります。


釣ったとしても食べない方がいいです。



岩屋漁協さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス