鬼瓦と妖怪 | ばんくもの七転び八起きブログ

ばんくもの七転び八起きブログ

愛知県高浜市で神社仏閣の鬼瓦を専門に作っている岩月鬼瓦 鬼師「岩月秀之」のブログです。
アナログな鬼瓦作りから3D機器を使ったシルバーアクセサリー作りまで。振り幅の広いブログ内容です(^^)
よろしくお願いします。


テーマ:
手塚治虫さんのマンガ火の鳥「太陽編」を読んで気付いたお話し。

日本には八百万の神が古来からいる言われています。これは自然を畏れ敬う日本人だからこその概念で、妖怪、魔物も神と考えられていました。
トイレの神様もそうですかね(^^)

{FC14189F-1AC9-4C0F-BBD0-D1BDC9D91805:01}

神話の国に仏教伝来
その神々が住む日本に、西暦538年大陸から仏教が伝わり、鬼瓦も仏教建築と共にこの頃に伝わってきました。当初は鬼の顔ではなく蓮の模様を象った鬼瓦でした。
{2C92A93F-603D-4E41-A6B1-F9326B45A7E5:01}

奈良時代、時の権力者は仏教を国の教え、国教として国を治めるようになります。
角のが生えていない「古代鬼面」と言われる鬼瓦が出現します。


{EC1E008B-5E81-4143-90D6-74DAEF335C29:01}

仏と神々の戦い
平安時代には神仏習合が進み、今まで神と崇められていた妖怪、魔物は人間に悪さをするものと考えるようになります。
マンガ火の鳥「太陽編」には大陸から伝わって来た仏と、日本の妖怪の争いが描かれ、妖怪は仏に石にされてしまいます。
{574EEBA8-7CC3-40B2-AB6A-9188A83F9D00:01}

数珠で縛られた鬼
鬼瓦をよく見てみると鬼の顔の周りが数珠で囲われています。これは鬼が悪さをしないために数珠で縛ってあり、これを見た妖怪、魔物は仏を恐れ建物に近づかないと言われています。

上述の、石にされた妖怪ではありませんが、仏によって妖怪が縛られてしまったと考えられます。そして当時の民衆に、仏は妖怪も帰依するほど強いものと、畏怖の念を持たせたのかもしれません。

{9CEB49C8-5B5B-4C39-9C7B-680C13A4E89E:01}

室町時代には、現代でも多く見られる二本の角のがついた鬼瓦が出現します。

次回は、江戸時代から民家にも様々な鬼瓦が使われるようになったお話し(^^)

※ここでの内容は火の鳥「太陽編」等から引用した私見です。

ばんくものさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス