3/2(土)~3/3(日)いわて銀河プラザでanecco.day | anecco.ブログ

anecco.ブログ

いわて銀河プラザを応援する女子会です


テーマ:

2019年3月2日(土)~3日(日) いわて銀河プラザで

第14回anecco.day を開催します!

 


今回は「釜石市」大特集。

2019年ラグビーワールドカップ開催地にも選ばれているこの地が、

今、人も食も熱いっ!!

 

中でも、anecco.が今回注目したのは、

太陽のような独特の色味の輝きを放つ「甲子柿」。

とろりんとした食味が好みの方には、たまらない逸品です。

 

作り方は、渋柿を石造りの室にいれ、1週間煙で燻してしぶを抜くんだそうで、

全国でも釜石市にしかない特徴的なものです。

 

今回のアネッコデーでは、

この甲子柿の商品を中心に、釜石の美味しいものを販売したいと思います。

 

 

また、最新号の「anecco.通信」では、

●太陽のような独特の赤味をはなつ柿「甲子柿」と、

 そのPRに取り組む 松浦朋子さん

 

●復興支援を機に社内起業を釜石で実現させた 戸塚絵梨子さん

 

●今でも時折、津波を思い出す瞬間がある

 しかし、今こそ釜石のPRを! 道の駅「釜石仙人峠」 駅長 菊池利教さん

 

●創業50年の「釜石もち屋くどう」 3代目が石臼と杵でつく新名物の開発

 工藤誠さん

 

と、熱い面々を取材させていただきました!

 

最新号、ぜひもらいに来てください。

 

また、今回は、3月2日(土)限定ですが、

まいっち夢の企画「盛岡市のべんじぇもの」販売も行います!

 

べんじぇもの・・・

聞きなれない言葉でしょうが、盛岡の方言で、餅菓子やお団子のことを言います。

 

盛岡には、小さなお団子屋さん、お菓子屋さんがたくさんあり、

「お醤油団子」「お茶餅」「ぶちょうほうまんじゅう」など、全国的にも珍しいお菓子がたくさんあります。

小さい頃は、普通に全国区と思っていたこのお菓子たち、

東京にきて、まったく販売していなくて驚きました・・・。

 

そして、このお菓子たちは、生菓子でとてもデリケートなため、

東京で販売するのはなかなか難しいのですが、

今回、3/2(土)限定で、販売することが叶いました!!!

 

新幹線にのってやってきます。

そのため、到着次第の販売となり、販売時間を詳細にお伝えすることできないのですが、

個数限定、見つけたら即刻お買い上げをおススメします。

 

3月2日、3日、いわて銀河プラザにぜひ、いらしてくださいね。

 

 

 

 

【第14回anecco.day概要】

★ 日時:2019年3月2日(土)10:30~19:00
             3月3日(日)10:30~17:00

★ 場所:いわて銀河プラザ

★ 販売予定商品

・釜石産 甲子柿のジャム・ドレッシング

・甲子柿の手ぬぐい

・釜石 金のラーメン 銀のラーメン

・リアンサンドウィッチカフェ×anecco.コラボ 釜石産甲子柿のタルト

・釜石市のカフェ Blua cielo 鐵(くろがね)珈琲

 

3/2(土)限定 盛岡のべんじぇもの

・黄精飴本舗 長澤屋「黄精飴」 午前中※時間未定
・陽月菓子舗「ぶちょうほうまんじゅう」予定13:30~
・関口屋菓子舗「団子(醤油団子、お茶餅、あずき)予定13:30~
※どれも到着次第の販売となりますので、時間未定。ご了承ください

 

★anecco.通信 最新号「甲子柿食ってみ号」配布

 

 

皆様のお越しをおまちしています!

 

 

anecco.さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ