先日完成した「木漏れ日の家」の完成写真です。

この家は一般的な住宅地に建っていて特有の隣家が迫り、前面道路も4mと広くない環境の下プライバシーを保ちつつ快適な住空間をいかにつくり上げるかを大きなテーマの一つになっています。

そして、お施主様より家の中に居ながら緑を感じれるような空間にして欲しいとのご要望がありました。

それを聞いた時に緑を感じ風が抜ける。時間帯によって変化する光と影。森の中で木漏れ日を浴びるイメージで設計を進めようと思いました。

ただ今回は諸事情で2階に家族の場を設けることができず、敷地も決して広くない為大きな庭も確保できない状況です。

明るい南側に道路があり、歩行者の視線も考慮し部屋内の窓の高さをギリギリのラインで低くしました。
そして道路沿いに部屋の中を見えない高さで塀を設置する事で、プライバシーの確保をしつつ緑を感じることの出来る空間をつくっています。