新年早々、初めての出来事をいくつか体験し、面白い一年を予感させる幕開けとなりました。

 

 

元日、初めて休館としました。

 

嬉しいことに、息子家族が帰省し、かつて無いほどゆったりとしたお正月を過ごすことが出来ました。

 

生後3ヶ月になる孫も、思う存分あやすことが出来ます。

 

決して料理上手ではない私が、唯一自慢できるのがハンバーグ。

 

大きく、大きく丸めて、とても美味しく出来ました。

 

 

お正月2日目。

 

朝はお正月らしさを感じられるような、おせち。

 

生まれて初めて作るおせち料理の自信は全くなかったのですが、息子に美味しいと言ってもらえ、ホッ。

 

(一品出し忘れてしまったけれど。)

 

食後、息子夫婦から、

 

「お食い初めをしたい。」

 

と、突然の申し出があり、慌てました。

 

この日の旅館は満室状態で、心の余裕も、又それに見合う食材もありませんでしたから。

 

お食い初めと言えば、お赤飯と鯛。

 

恥ずかしながら、それだけの知識しかありません。

 

とりあえず、急いで主人に買い出しに行ってもらいましたところ、運良く立派な鯛が手に入りました。

 

それに勢いを付けるべく、串打ちを試みました。

 

こんな大きな魚の串打ちは初めてです。

 

上手くいったのかいかなかったのか、かろうじて尻尾だけはピンと上がった形で焼き終わりました。

 

それに海老料理や、なんやかんやを付け、記念写真を撮って終了。

 

翌日になり、冷蔵庫にお赤飯を発見して愕然としました。

 

すっかりお赤飯のことを忘れてしまっていたのです。

 

 

お正月3日目。

 

1月3日と言えば、『三日とろろ』。

 

無病息災を祈願して、毎年この日に食べるのですが、用意してあったのにそれもうっかり出し忘れました。

 

大丈夫でしょうか、不安です。

 

 

何かとおっちょこちょいさが際立つ年明けでしたが、皆様の応援を頂きながら、今年1年を乗り切って参りたいと思います。

 

どうぞよろしくお願い致します。