上野動物園で

テーマ:

大げさに言えば、何十年か振りに上野の動物園に行ってきた。

 

話題のパンダの赤ちゃんのお披露目には早すぎ、ライオンやゴリラとは遭遇できず、モノレールは工事中で休止。

 

ちょっと残念な出だしだった。

 

「キリン、キリン。」

 

と連呼する孫の為にせめてそれだけは押さえておきたかったが、たどり着く前にお腹が空きランチタイムとする。

 

お店は大変混んでおり、入り口付近のテーブルがようやく一つだけ空いていた。

 

座るや否や、

 

「キリン!」

 

指さす方を見れば、まさにキリンの檻の前だった。

 

思いがけず最高の場所をゲット出来たと喜んでいたが、開け放されたままの入り口から、やがて動物特有の糞の臭いが漂ってきた。

 

まるで 「にんげん」という動物になって餌を食べているような気分になった。

 

とは言え、やがてその臭いにも慣れ、結局完食。

 

その後、数種の動物を見て回ったが、孫が1番喜んだのはミーアキャット。

 

大人の私が見ても、その愛らしい姿にメロメロ。

 

意味ありげなミーアキャットの仕草に台詞を付け、しばし二人で吹き替え芝居を楽しむ。

 

その後、落ちていた笹の葉を、

 

「ほら、パンダさんのご飯よ。」

 

と持たせるととても喜んで、その後の昼寝の間も手放さずに握っていた。

 

そんな可愛い孫達も今日帰っていった。

 

しばらくは孫ロス状態になるけれど、さあ、本業に精を出そうか。

 

 

AD