茨城県桜川市岩瀬 蕎麦の花が咲き始めました | イワセアグリセンター 茨城蕎麦とランチと散歩ブログ

イワセアグリセンター 茨城蕎麦とランチと散歩ブログ

茨城県桜川市にある常陸秋そば生産農家の営業担当者。
蕎麦好きですが『蕎麦通』ではありません。
鴨汁愛が強い相方(妻)と共に、茨城の美味しい蕎麦屋さん、
ランチや散歩の途中で見た景色などを、のんびり書きます。

先週、大きな台風が関東地方を襲い、

千葉県、神奈川県の一部は甚大な被害を被りました。

まだ停電や断水が続き、避難を余儀なくされている方も大勢いらっしゃると聞き

あらためて自然災害の恐ろしさを感じます。

 

 

ここは弊社の蕎麦畑。撮影日は台風から3日後の、9月12日(木)です。

幸いなことに、まだ蕎麦の背丈が低かったため、

強風で絡んだり、倒壊等は最小限で済みました。

 

 

そして、種蒔きから約3週間経った蕎麦畑に、花が咲き始めました。

 

 

小さく白い花芽をたくさん蓄えています。

満開は9月下旬になるでしょうか。待ち遠しいです。

 

 

下の3枚の写真は、弊社の蕎麦を愛用してくださっている蕎麦店さんで撮ったもの。

常陸秋そばは、薫り高く甘みが強く、粉の力が強いため打ちやすく、

玄そばの優良品種と評されています。

 

 

特に新蕎麦の時期は「粉に加水した瞬間から香りが立ち上がる」と

蕎麦店のご主人が話して下さり、本当に嬉しく思います。

 

 

常陸秋そばの花は9月下旬に満開になり、その後枯れて実を付けます。

実が茶化したら収穫時期(10月中旬から下旬)。

新蕎麦の流通は11月以降で、県内各地で新蕎麦まつりが開催されます。

今、農家の最繁忙期ですが、良い季節を迎えられるよう一同頑張ります!

 

 

常陸秋そば栽培・蕎麦粉製造販売・通販 イワセアグリセンター

https://www.iwaseagri.com