おはようございます。

このブログは佐藤康行先生の真我を追求し、日々の気づきをお伝えしています。

 

いまは本当の不況ではない

 

いま、新聞やテレビ、雑誌を見ても、またいろんな会社のビジネスマンと会話をかわしてみても、不況という言葉がかり出てきます。

まるで日本中が不況の大合唱をしているみたいです。

では、本当の不況なのでしょうか。いいえ決して不況ではないのです。

バブルのときにくらべているから、不況に見えるだけなのです。

では、日本が戦争に負けたときはどうだったでしょうか。

一日三食満足に食べることができなかったのです。

電化製品どころか、まともに住む家さえなかったのです。

いまは、日本で飢え死にする人なんて聞いたこともありません。

みんな生活に必要なものはすべて持っているし、子供を学校に通わせてあげることもできます。

不況不況といっているけれども、それを言う前に考えなければならないことがあります。

そもそも私たちは何をもって景気がいいとか発展したとか、言っているのでしょうか。

それはすべてお金に換算している言葉にすぎないのです。

バブル経済がはじけて、経済が下降線にたどっているのは、じつは私たちに大きな気づきを与えているのです。

お金を第一に追いかけたその結果がバブルの崩壊であり、いまの状況をつくっているのです。

私がこの本を通していいたいのは、これから二十一世紀に向けて、いそんな価値観が大きく変わってこなければならいないということです。

いや、変わっていかなければならない時代にきているということなのです。

それは、従来のお金を基準に考えた発展から、もっと本質的なものの発展へと変わってこなければならないということです。

その発展とは、経済よりも先に、一人ひとりが人間的に成長し、社会に役立つ人間になるということです。

そしてその結果としてお金や物質がついてくる、という社会です。

いままさに、一人ひとりが生き方を問われているときなのです。

そしてこれからは、まじめで手を抜かない本物ことが残っていく時代なのです。

 

~佐藤康行 なぜ本気で自分を活かさないのか より~

昨日は職場ではじめて大満月前提でスタッフに言葉を出すことができた実感を持たせてもらいました。

業績を何とかしたい、働く人も集まらない、お客様ももっと来てほしいなど、ないないづくしを感じる中で

会社の業績を何とかしたいとか、職場に行く前から心がもやもやしていました。

この心の状態自体が大満月なんだなあ、とノートに書いていきました。

 

ノートに書いていくうちに、いざという時にでてくる知恵がある

追い込まれたときに、出てくる知恵がでる。

ノートに書いていきました。

 

スタッフに、働く人もいない、お客様にも来てほしい。

ないないづくりの中で、どうにかしようと知恵を出して奮闘するあなたの姿勢がとても素晴らしい

と話しました。

 

スタッフはきょっとんとしていましたが

「ありがとうございます」と応えてくれました。

 

手助けするわけではなく、何か私が解決していくわけではなく

大満月で伝えていく。

これが答えなんだ。とビリビリって体感しました。

 

佐藤先生いつもご指導ありがとうございます。

いつも話をされていることですが、体感してはじめて腑に落ちます。

体験させていただいてありがとうございます。

 

夜は、サンタ営業の心編を行っています。

1日のセミナーを夜3日に分けて行っています。

昨日は2日目、バックモチベーションをしています。

最も愛を感じる人、商品、会社でのバックモチベーションです。

深まり方が半端ないです。

 

夜中に妻と話していると、妻が活動しているポスターは

気が付くと、地元の町のお店のほとんどで張られているところまで

妻が行動していることに気が付きました。

 

私も人と話しているときに

「結構、お店に貼ってあるので知っているかもしれないけど」と普段話していることで

はじめて妻がすごいところまでやっていると気が付きました。

 

人を認めていくことで、人の可能性、パフォーマンスはどんどん上がっていく

ということを実感した瞬間でした。

 

佐藤先生の真我のおかげです。

佐藤先生ありがとうございました。

 

今日もあなたにとって最幸満月の一日です。