岩手県議会議員 岩崎友一 オフィシャルブログ

岩手県議会議員 岩崎友一 オフィシャルブログ

岩手県議会議員 岩崎友一(いわさき ともかず)オフィシャルブログ

 

おはようございます。秋の深まりを感じる今朝の盛岡です。

 

 

さて、週末は地元に戻り、娘の通う大槌学園の運動会に行ってきました。本来、5月に行われる予定であった運動会ですが、新型コロナウイルス感染症の影響でこの時期まで伸びてしまいましたが、年に一度の運動会、当日は子供たちも日頃の練習の成果を発揮できたのではないかと思います。

 

 

長女も徒競走やリレーに出走し、自身なりに反省もあったようですが、精いっぱい頑張ったと思います。競技も勿論ですが協調性など家では見せない一面を見ることができ、長女の成長を感じる運動会でありました。運動会終了後はたくさん褒めてあげました。

 

 

県議会9月定例会は折り返しを迎え、先週に引き続き今週は決算特別委員会が開かれます。

 

 

 

 

おばんです。ラグビーワールドカップ日本大会から一年。そのレガシーを後世に引き継ごうと昨日は釜石鵜住居復興スタジアムにて釜石シーウェイブスRFCとクボタスピアーズのメモリアルマッチが行われました。

 

 

スタジアムには2,000人を超えるファンの方々が来場され、声援を送りました。

 

 

試合は73―12でクボタスピアーズの勝利で終わりましたが、釜石シーウェイブスの最後まで諦めずに戦う姿は私たちに大きな力を与えてくれました。

 

 

釜石シーウェイブスは再来年開幕予定の新リーグへの参入を表明していることから、今後の活躍に期待したいと思います。

 

 

 

 

 

おはようございます。10月4日の日曜日、第3回いわて政治塾を開催しました。

 

 

第3回の講師は山本正徳宮古市長から「これからの三陸地域の地方自治」と題してご講演をいただきました。

 

 

東日本大震災津波、台風第10号、台風第19号災害からの復興や新型コロナウイルス感染症への対応、宮古市の総合計画や首長として力を入れている政策分野などについて貴重なお話を聞かせていただきました。

 

 

受講生からは首長の意見を伺う機会は無いので、有意義であった。分かりやすい説明で非常に勉強になったなどの感想も頂戴したところです。

 

 

第4回目は東日本大震災津波の被災地を巡る視察を行います。

 

 

 

 

こんにちは。先週の金曜日、昨年の台風第19号で被害を受けた大槌町浪板地域の現場を視察しました。

 

 

現場は大槌町の観光資源である不動滝までのルートで、被災から間もなく1年が経過をしようとする中で、未だ復旧工事が進んでいない状況にあります。

 

 

当日は、現地の方と一緒に一カ所づつ被害箇所を確認して回りました。

 

 

入札不調などの理由で、復旧が遅れているようですが、一日も早く復旧されるよう、そしてまた今後の対策も含めて活動してまいります。

 

 

 

おばんです。今日、県議会9月定例会が開会しました。決算審査もあることから、会期は10月27日までの長丁場となります。

 

 

新型コロナウイルス感染症への対応が大きなポイントになると思いますが、社会・経済情勢が「いわて県民計画」策定時と大きく変化したことや新たな生活様式に対応するための計画の見直し、東日本大震災津波や台風災害からの復興、また、従来からの課題も山積している状況です。

 

 

新型コロナウイルス感染症を乗り越え、その先の本県の進むべき道しるべを作るべく、しっかりと議論をしていきたいと思います。