いわさき明子の本音!トーク@若葉区

いわさき明子の本音!トーク@若葉区

市民ネットワーク・わかばのいわさき明子が、千葉市の暮らしで気になったことを、生活者の目線で発信していきます!

4月の初旬に、電動車イスの方が使いにくい押しボタン式信号機を視察しました。

(前回のブログ記事をご参照ください)


【Before↓】



この状態では、押しボタンの前に車イスを寄せることができないのです。だいぶ頑張って寄せたとしても、手に麻痺がある方はボタンを押しにくいのです。

そこで、すぐに
信号機を管理している警察署や、歩道を管理する千葉市(若葉土木事務所)と連絡をとり、
6月に入ったころ、このようになりました。

【After ↓】


①標識の白い支柱を撤去(信号機の支柱に移設)
②左側の街路樹部分を舗装
これで車イスを寄せるスペースができました。
そして、
③押しボタンを約90度ほど回転

その結果…

このように、
一人でも押しボタンを押せるようになりました!
迅速に動いてくださった関係者の皆さまに感謝です!

街について「ここが不便!」と当事者が声をあげることで、
若葉区の1つの信号機がバリアフリーになりました。

これからも、様々な当事者の方と一緒に
街のバリアフリーをすすめていきたいと思います。