基礎工事中になります。

 

コンクリートの打設が終わり基礎の天端を水平にして、設計の

 

高さを確保する天端均しを行いました。

 

 

 

 

この状態で、養生期間に入ります。

 

 

天端均しも従前は、モルタルで、塗って水平と高さを出していましたが、

 

現在は、レベラーという材料で、型枠に流すと流れて水平になり

 

ますので、便利になりました。

 

 

 

天端を均した後になります。

 

 

 

養生期間が、過ぎましたら型枠を外します。

 

その後は、建物の周囲に給排水の先行工事を行います。