洋服に宿る岩本和子、断捨離。

テーマ:

衣装部屋に使っている6畳の部屋があるんだけど、遂にハンガー5台分のお洋服でびっしり埋め尽くされてしまいまして。

 

お洋服を断捨離せずに買い足したりしていたので、まさに「洋服の棲家」みたいに迫力を増しきっていて。奥に一体何が潜むのか誰も分からない・・・数種類の香水の甘い香りが漂う、女の魔境。

 

我ながらこの衣装部屋もいつかなんとかしなきゃなあと思いながらも、身近なダイニングやリビングやキッチンの方のお掃除だけで手一杯で放置していたのですが、このお正月東京に来た母に

 

「捨てなさーい!!!!!」

 

と怒られまして。

 

「はい。。。」

と、ついに着手しました。

お洋服の大断捨離です。

 

 

私、お洋服に強い興味や思いがあるので、お洋服を1枚1枚手に取るたびに指先からそのお洋服にまつわる思い出や出来事が全部、頭によみがえっちゃって、捨てるに捨てられなかったりしたんですよね。頭の中で鮮明にそのお洋服着用時の映像が再生される思いがするのです。

 

「この洋服を着て仕事または撮影をしたな」

とか

「この洋服を着て一人旅に出たな」

とか

「このお洋服を着て当時、誰でもいいからとりあえず結婚しようと思い全く興味のない男または生理的にそもそも無理な男にでさえ会いに行き、無駄な時間を過ごしたな」

とか

「この洋服で飲み会に勇んで行って失礼な人に口説かれたな。まあこんだけエロい服なら仕方ないか」

とか

「このお洋服の時、泣いたな」

「このお洋服の時、笑ったな」

「このお洋服の時、楽しかったな」

「このお洋服の時、本当バカだったな」

って感じで。

 

 

1枚たりとも

「この服なんだっけ?」

というお洋服はありませんでした。

 

 

ほとんどのお洋服を、着用して自撮りしてるというのもあるし愛着があって。

全てに岩本和子が宿っているのですよね。。

お洋服だもんねえ。自分に密着してた布だよ。そりゃ宿るよね。

 

でも、そんなこと言ってたら全部捨てられないので、頑張って決意し、とりあえずキレイで可愛いけどまだ全然使えるけど、もう着ないだろうなというお洋服は捨てちゃいましたよ。

 

 

 

IMG_20160925_143200636.jpg

 

image1.JPG

 

 

岩本和子

 

 

岩本和子

 

image

 

image

 

 

岩本和子

 

こんな格好は、、、さすがにもうできぬなあ。

でもまあこの時既に齢40歳でこれでしたが。

109で買った上下やで。

 

 

IMG_20160829_232423875.jpg

このスカートはお気に入りなので残留しました。

てかこのサンダルとかいつの間にか無いけどどこ行ったんだろう。

 

 

image

 

 

岩本和子

 

 

BeautyPlus_20160920194250_fast.jpg

↑このワンピは一体何事。。

 

岩本和子

鯉のぼりワンピin鳥取。鳥取の人みんな「え」て見てたな。

 

 

image

この帽子、普通にかぶって麻布十番歩いてました。(すご)

「岩本さん大丈夫ですよ、ここは麻布十番なんで」ってお洋服屋さんは言ってくれたけど。

 

image

すごい派手なファッション。絶対にアニメキャラでしょう。

 

えへ。

これどこに着て行ったんでしょう。(覚えてるけど言わないけど)

image

 

image

 

懐かしやー。

私、趣味が特殊で。

あは✨

これに映ってるお洋服、今日英断して捨てちゃったのもあります。既に無かったのもありますが。

 

もう、今の雰囲気じゃ似合わないのもあるし(微妙に違うんだよなー)、着るだけでかなり疲れるお洋服とか、露出多すぎでいつ着るんですかそれ?っていうのとかあるのでね。

 

永遠にハンガーに吊ってたり積んでても仕方ないからね。

 

メルカリなどネットで売る系や何かリサイクルに出すなども何度も試しましたが、自分が宿ってるものを他人に着られるの抵抗あるし、諦めました。

 

今日処分したお洋服は、なんと袋Lサイズ10袋分です。

 

さようなら。

洋服に宿る思い出と共に。

 

本当に大事な男と過ごした大切なお洋服とかがもしあれば私の性格的になかなか捨てられないけどね。それなりに一瞬勘違いでさえいいとこまでいきかけたとかあったと思うんだけど、容赦なくバサバサ捨てましたよ。感情としては、別に「あー!すっきり」でも無いし、「ああ懐かしいわ」と思うことも無く、ごくごく平常という。

ってことは私、どんだけここ数年間、好きな人ができてないんだと冷静に自分を振り返りましたよ。

 

 

だってねそれを証に

 

お母さんに買ってもらったお洋服たちや貰ったお洋服たちって、全然捨てられないんですよねー。

残しちゃったよ。

 

お母さん自体が「古いからいらない」って私に譲渡した服とかもあって、「いや、お母さんが古いと思ってるなら私にとっては相当古いでしょう・・・」とか思いつつとりあえず受け取っといたお洋服とかね、20代前半に買って貰ったのとか、もはや上記のラインナップ以上に絶対に一生着ないだろうのも含めてかなり幅をきかせていますよ。もうボロボロになっちゃったワンピとかあるんだけどね、なんかつい捨てられないんだよね。お母さん大事な人なので。

 

この服とかね。

image

 

 

ていうか

 

今年は、あまりファッションにこだわらかったなあ。。

主に下着とかコスチュームを購入してたもんね。

もうね、でも今日は思いきって「何かのためにと」買っといたネットで1000円以下ぐらいで揃う安物のヒモみたいな下着とか、全部捨てちゃいましたよ。

 

「こんなもの溜め込んでどうするのよ」

いやいやヤメてよ和子って思ったもん。

*ヒモだろうが高級ランジェリーは残しましたよ。

 

しっかりして。

お洋服大好きな私に戻ってくださいよ。

だってお洒落で小綺麗にしてる女が脱ぐからこそ意味があるんだからねえ。

 

 

 

岩本和子

 

 

 

 

てかおまけ。

ポールダンスしてた時の写真❤️