不正なMIME FormatのMailを解釈する問題(続) | IBM Lotus Notes/Domino (R) をこよなく愛して。。。。
December 17, 2016

不正なMIME FormatのMailを解釈する問題(続)

テーマ:Trouble Info

以前、紹介した問題ですが、boundaryのRFC定義に関するメーカー解釈の問題のようです。

 

このMIME Formatが不正かどうかというのは、RFCを読んでも、明確に定義されておらず、結局、各メーカーが判断しているという訳です。

 

Notes/DominoはMIMEとして定義されている内容は、全てを可能な限り解釈して表示するというPositionを取っているようです。

他のメーカーは解釈しないということです。

 

逆に言うと、こういったMIMEのMailをFilterしないAnti-Spam製品やVirus製品が不備なのかも知れません。

MIMEの内容全ての解析を放棄して、そのままMIMEを流してしまうからこのようなことが起こるという解釈も出来る訳で、一部の製品ではちゃんとこういったMIMEまで解析して、すり抜けしないように出来ている物もあるようです。

 

RFCの解釈に関しては、他でも様々な問題(Microsoftによる外字のEncodeなど)がありますが、RFC自体の定義が曖昧であることが全ての原因となっています。

 

インターネット標準を決めているRFCなのですから、もう少し厳密な定義がされることを望みます。

いわまんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス