R4・GW(鳳凰三山縦走)

今年の連休は、前半はあまり天気が良くありません。

後半は、天気が回復して来る。との予報が出ています。

それでは、昨年計画して行けなかった、南アルプスの鳳凰三山に行きませんか?と相棒に声掛けをしました。

最近、相棒も歳のせいか?足腰が弱っており、自信が持てないようです。 何とか、説得して、出かけることになりました。

 

初日は、地蔵岳登山口の「御座石温泉」に宿泊する予定でしたが

温泉宿は休業のようです。(コロナのせいかな?)

やむなく、韮崎の駅前旅館に前泊ということになりました。

第一日目

登山口までのバス便の本数が少ないので、タクシーを利用して御座石温泉の登山口に向かいます。

9:00 

登山開始、水仙の花が満開です。

大きなブナの大木がありました。

この辺りは、雪が全くなく、深いブナ林の森が芽吹きの季節を迎え萌え草色に輝いています。

   

空を見上げると、青く澄み渡り、新緑の香りが漂っています。

心が落ち着き癒されていることが実感できます。

    

急登をしばらく登って行くと間もなく、小屋までの中間点、燕頭山に

到着、広々とした尾根は、もってこいの休息場所です。

この辺りの木々には、びっしりとサルオガゼが垂れ下がり風にたなびいています。

    

カラマツ林の向こうに薬師岳が覗いています。

30分ほど登ると、ようやく展望が開け、地蔵岳のオベリスクが見えて来ます。

地蔵小屋直下の樹林帯に入ると深い雪が残っています。

上から降りてきたオジサンに聞きました。

@これから先、雪は深いですか?

・ずっと、雪だよ急登だし、気を付けてね。

@アイゼン必要そうですね?

・そうだね、俺は、へいきだったけどね。

@・・・・・

ジジ、ババは、迷わずアイゼン装着です。

20年以上、山に登っているもんね。

安全第一。

     

3:00

ゆっくり、ゆっくり、小屋に到着。

先客は、テラスで、コーヒータイム。

我らも、コヒーを頂きますか。

第二日目

7:00

先発隊は、ヘッドランプを点けて4時頃から出発しています。

我らは、明るくなってから、ゆっくりと出発。

いつものように二日目は、爺さんは元気モリモリです。

山頂まで約一時間。

グングンと高度を稼いでゆきます。

婆さんは、なかなかエンジンがかからないようです。

此処は、35度ほどの傾斜があります。

しかも、ズルズルの砂地。なかなかキツイ登りです。

それでも、予定どおり地蔵岳のコルに到着。

  誰もいません。

地蔵岳のコルには、お地蔵さんがたくさん安置されています。

振り返ると、婆さんの姿が見えません。

30分ほどして、ようやく姿が見えました。

あれれ・・・

婆さんは、誰かの後をついてオベリスクの取り付きに直登しています。一生懸命に手を振り合図をしますが、周りを見る余裕はないようです。

アイツ、あそこに登るつもりかな?

今日は、縦走すると判っているはずなのに?

何、考えてるんだろう?

1時間、遅れで観音岳へと続く稜線に出てきました。

此処から、観音岳までは、起伏はあるもの左右の展望は素晴らしく、気持ちの良い縦走が続きます。

    眼前に観音岳が近づいて来ました。

  

 彼方には、薬師岳の岩頭、その後ろに春霞の富士山が 見えています。

観音岳の山頂に到着。360度の展望です。

     北岳に連なる白峰三山

   薬師岳と富士

観音岳から薬師岳に至る稜線は、花崗岩の砂礫の砂地が続き、まるで、海辺を散策しているような気持になります。

夏には、この砂地に南アルプスの花の女王「タカネビランジ」の花が美しく咲いています。

  薬師岳に到着。後ろは、北岳。

  

此処は、白峰三山の展望台。

残雪を頂いた、北岳、間ノ岳、農鳥岳が連なっています。

ゆっくりと、景色を堪能してから、夜叉神峠へと下って行きます。

長い長い、下りが続きますが、右手には、白峰三山が望見でき、

左手には富士山が見えています。

 今回は、地蔵岳から観音岳を往復し、鳳凰小屋の脇からドンドコ沢を下って、青木温泉に泊まる予定でした。

しかし、今はコロナ過であり積雪期とあって大幅に予定が変更されてしまいました。

小屋の親父さんは、積雪によりドンドコ沢の下降は危ない。

縦走して、夜叉神峠に降りてはどうか?

とのアドバイスを頂き、素直に、これに従うことになりました。

このコースだと、どう考えても10時間。以上か?・・・長いトレイルになります。

そんな訳で、夜叉神峠までタクシーに迎えに来てもらい、麓の芦安温泉に一泊という殿様山行になりました。

まあまあ、ジジ、ババの山行は、こんな調子でまだまだ続きます。

つづく・・・

        動画をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022・3・22

3月に入って、天気が愚図ついていましたが、久しぶりに週末の3連休は、天気が良さそうです。

毎日、毎日、仕事のスケジュウールいっぱいです。

そんな訳で、溜まっているストレスを発散するために大菩薩峠に登って来ました。

ドローンを背負っての山行になりますので、ジジイの背負う荷物としては、重たい(15キロです。

ちなみにバアサンは、背負ってくれません。

 新宿から中央線で「塩山」まで、此処から大菩薩峠登山口まで、

タクシーを利用しました。(バスもありますが時間の節約です。)

冬季は、ここまでしか乗り物の利用は出来ません。夏場だとずっと上のロッヂ長兵衛のバス停まで乗り物を利用できるので楽々日帰りが可能です。

19日

大菩薩峠登山口 (ゲートが閉まっています。)

此処から、舗装道を登って行きます。これがツライ

30分ほど歩くと、千国茶屋の分岐点にお地蔵さんが出迎えてくれます。

この橋を渡ると「千国茶屋」

「千国茶屋」

千国茶屋の脇から15分ほど登った処から本格的な登山道になります。

此処から、2時間ほどかけてロッヂ長兵衛まで、休み休み登ります。

バスだと、30分ほどなんだがなぁ~ホント、ツライ

木立の間から、南アルプスが見えています。やっぱり、山の空気は美味しいよね!

やっと、ロッヂ長兵衛に到着(立派なバス停があります。)

此処から、福ちゃん荘まで25分と書いていますが、雪道だと1時間は、かかりますな。ホント。

福ちゃん荘から、さらに一時間半。ヘロ、ヘロで介山荘に到着。15:00。到着

昼まで、天気が良く、雪を戴いた南アルプスも良く見えていたのですが、到着時はガスで何も見えません。

6時夜ご飯。野菜たっぷりのサラダ。ワイン付です。

この後に、カレー。ヤッパ、山は、カレーだよね!

大菩薩峠だけに、「中里介山」先生の直筆色紙がありました。

20日

昨夜は、大荒れで吹雪になりました。

朝起きてみると新雪が3cm程、積り、昨日の足跡をすっかり消していました。

しかし、今日は晴天です。

-7度、微風、絶好のドローン日和です。

東の東京湾からご来光です。

西には、雪を戴いた「富士山」その後ろに真っ白い南アルプスが連なっています。

ご来光です。「合掌」

東京湾が輝いています。

「富士と月」未だ月が残っています。 春はあけぼの・・・

南アルプスが綺麗です。

晴天です。ドローンが気持ちよさそうに飛んでいます。

末尾の「ユーチューブ動画」を見てね。

さて、いつもの記念写真を撮って下山します。

    

石丸峠を経て、小菅村の「小菅の湯」を目指します。

「介山荘」を出ると石丸峠までの登りが待っています。

昨夜の雪で踏み跡が全くありません。

石丸峠到着

此処からの富士山も綺麗です。

雪が深く、踏み跡が全くありません。

小枝に結び付けられている、「赤布」を頼りに進んで行きます。

此処から「牛の寝」通りに向かいます。

    ゆったりとした長い、長い下りです。

深い雪道が続きます。

さて、クイズです。

       なんの動物の足跡でしょうか?

大きなブナの木をを見つけました。

     ジイ様は、元気をいただきます。

    

だいぶ、麓まで下りてきました。

ここまで来ると雪もありません。

   もうすぐ「小菅の湯」

  後、一息

 「小菅の湯」到着。

長い、下りでした。

温泉にゆったりと浸かって、疲れを落として帰ります。

久しぶりのロングトレイイル。でも、まだ、もう少し、歩けそうです。

 里は、桜の季節です。

山裾では、そろそろ若葉の芽生えが始まっていますね。

それでも1000mを超えるあたりから、まだ多くの雪が残って

います。

今年のアルプスは、雪が多そうですね?楽しみですねぇ~

それにしても爺さんは、15キロを背負っての登りは、ほんと、

キツイ!ですよ~

ドローン山行を続けるには、もう少し、荷物を軽量化しないと・・

なんて、考えております。

しかし、GWに向かって、良い訓練になりました。

     ドローンの映像を見てね!

   【https://youtu.be/KRlWDhzTqFE

 

 

三ツ峠(富士展望)2021,12,19

今期最強の寒気が南下して来ています。

天気は良さそう、本年最後の山行を三ツ峠山に決めました。

雪化粧をした雄大な富士山を期待して出かけてきます。

新宿から京王線で高尾駅乗り換え富士急線の三つ峠駅で下車

約2時間、意外と近いですね。

8:50、三つ峠駅到着。シンシンと冷え込んでいますが空気が澄み渡り良い天気です。大きな富士山が見えています。

今夜は小屋泊まり、山頂まで約5時間かけてゆっくりと 登って行きます。

【First day】

三つ峠駅

此処から憩いの森まで一時間ほど舗装道路を歩きます。

神鈴の滝

しばらく舗装道路を歩くと「達磨石」に到着。

此処から登山道に入り、山道をひたすら山頂へと登って行きます。

「股のぞき」の松に到着。

     

此処で一休み(馬返し)

此処から山頂まで、ずっと富士山と一緒です。

冨士ー1

冨士ー2

冨士ー3

股のぞきの松から15分ほどで愛染明王塔に到着。

       ここからの富士も見事です。

更に1時間ほど歩くと「八十八大師」のお地蔵さまが待っています。

此処から先は、核心部になり露岩の登坂が続きます。

     木々の間から三ツ峠の山頂が見えています。

しばらく、歩くと、ロッククライミングの聖地「屏風岩」に至ります。

「屏風岩」

 岩の間から染み出る水がツララになっています。ウウー寒い

屏風岩のヘリを慎重に回り込むと長い木道の階段が小屋と山頂へと伸びています。

我らは、今夜は小屋泊まり。小屋へと長い階段を上って行きます。

3時前に小屋に到着。

まずは、テラスから富士山を拝みます。

富士ー4

宿泊手続きを済ませ、温かいお茶をいただきます。

とにかく寒い。

居室に案内されると、ありがたいことに炬燵があります。

温風ストーブもあるよ!

一度、炬燵に入るともう出られません。

真正面に巨大富士。

みかんを食べながら、富士の夕焼けを呆然と眺めています。

富士ー5

富士ー6

富士ー7

富士吉田の町に灯りが灯ってきました。

夕飯の時間です。

こんなにボリュームがありますよ!

 

【Second dey】

マイナス4度、凍てつく寒さです。

東の空から太陽が顔を出してきました。

期待した、赤富士は拝めませんでしたが、うっすらとピンク色に染まる神々しい富士山を拝むことができました。

富士ー8

ドローンを飛ばします。  take off

朝食をいただき、下山の準備をして、山頂へと向かいます。

三ツ峠山、山頂(1785m)

方彼方に「相模湾」が黄金色に輝いていました。

富士ー9

山頂からの富士

9:20分、これから三つ峠山小屋を後にして河口湖に向かって下山して行きます。

三つ峠山小屋

 山の番犬「カコとゴン」に挨拶をして下っていきます。

もう一度、富士山にご挨拶。

寒い寒い2日間(18・19)でしたが、天気に恵まれ、最高の富士山を眺めることができました。

やはり富士山は日本一のお山ですね。

今年最後の山行を最高の富士山で締めることができ幸いでした。

皆様、良いお年を!

      【ドローンからの富士をお楽しみください。】

https://youtu.be/iKJwWsq1Qz0

 

 

 

 

倉岳山~高畑山

里山の秋を求めて中央沿線の倉岳山から高畑山の低山ハイクに出かけてきました。

中央線の梁川駅下車。          

駅舎を出るとすぐ下に桂川の清流が流れ、橋のたもとには、登山口への標識が出ています。          

橋を渡り、山超への舗装道路を高倉山の登山口へと登って行きます。          

舗装道路の途中に、高倉山登山口の標識があります。          

ここから、山道になり、静かな里山歩きのスタートです。          

秋色に染まった、渓流沿いの山道を落ち葉を踏みしめながら登って行きます。

凛とした空気の中を水音が心地よく響いて来ます。

穏やかな里山のハイキングです。          

高倉山へと続く尾根に出るまでは、比較的緩やかな気持ちの良い山道が続いています。                  

紅葉のブナ林         

大きなブナの大木があります。         

ゆっくりと秋を満喫しながら3時間ほどかけて倉岳山の山頂に到着。             

ゆっくり休み、間食をとります。風もなく穏やかな山頂です。

此処から、なだらかな尾根道をしばらく進み、次の目的地である高畑山の登山口へ向かいます。         

この辺りの山は、ラクダのこぶのような山ばかりで、次の山に登るには、一度峠まで降るほかありません。

急登、急降下の連続になります。           

谷底の峠「穴路峠」ここから高畑山への登山が始まります。       

1時間ほどで山頂。キツイ          

お昼の大休止。お湯を沸かしてカップ麺。コーヒタイム。

眠くなってきました。さて、これから鳥沢駅に降って行きます。

     

急な下りです。単調な下りの中で、鮮やかに苔むした🍙おにぎり岩を見つけました。      

舗装道路へ降りてきました。橋を渡り、20分ほど歩くと鳥沢駅です。      

橋の上から覗く桂川は川面に秋を映しだしていました。      

ゆっくり、のんびり、カサコソと落ち葉の音を聞きながら静かな里山を歩くのもいいもんですね。

何だか、動揺を思い出しましたよ。

♪し-ずか-な~♪し-ずか-な、里の秋~ 

  ♪お-せど-に木の実(葉?)が、落ちる夜は~

 

【ドローンの空中ハイク】

https://youtu.be/kMz1LtWF3Eo

 

栗駒山(R3/10/9)

秋になると登りたくなる山の一つに栗駒山があります。

栗駒山は、例年10月の初めには、全山が紅葉し、素晴らしい景観を楽しむことができます。

 岩手・秋田・宮城の3県にまたがる、この山域は、東京から出かけるには、少し遠く、ちょっとした小旅行になります。

 登山は、少し余裕をもって、麓の須川温泉の栗駒山荘に宿泊するのがベストなんですが、この季節、此処に宿泊するには半年前からの予約が必要で、すでに予約でいっぱいです。

 やむなく、我らは、須川湖畔のキャンプ場でテント拍、翌朝、秣岳から天馬尾根を経て栗駒岳山頂を目指すことになりました。

 

【第一日目】

東京を6:04分の新幹線で一ノ関下車、須川温泉まではバスを利用。到着10:30分

      土砂降りの雨です。・・・・・

   登山を諦め、須川湖キャンプ場に向かいます。

 途中のイワカガミ湿原に立ち寄りました。

この湿原は、春にはイワカガミの群落やワタスゲが咲き誇り

見事だということです。 春もいいなぁ~

       秋色の湿原が広がっていました。

30分ほどで、キャンプ地に到着。

     早速、雨の中でテントの設営にかかります。

冷たい雨で、体が冷え切っています。

キャップ場のオジサンに自転車をお借りして、栗駒山荘の立ち寄り湯に出かけました。

       此処のお湯は、最高です。

天気が良ければ、眼前に紅葉が広がっているんですがねぇ~

身体も温まったし、後は、寝るだけですね。

未だ、3時だよ・・・・・外は、土砂降り

【第二日目】

早朝(4:00)

テントをたたく激しい雨音で目覚めました。

今日も一日、雨か?

5:00、外が明るくなってきました。

携帯で、天気予報を確認。

 晴れマークが付いています。 ヤッター

霧が出ていますが、雨がやみ、徐々に晴れてきました。

6:00,霧が取れ気持ちの良い青空がのぞいています。

お湯を沸かして、コヒーをいただきます。

朝食を摂り、テントの撤収。

  須川湖の縁を回り込み、秣岳の登山口へ向かいます。

    色付いたブナ林の中を登って行きます。

         山頂が近づいて来ました

               秣岳山頂

      山頂からの展望(雲海が出ています。)

秣岳を過ぎると、天馬尾根のなだらかな稜線歩きになります。

   山道は、降り続いた雨でぬかるんでいました。

ゆったりと広がる白銀草原は、一面の草紅葉が草原の風にたなびいています。

        木道の彼方に「展望岩頭」

岩頭を超えると天狗平の広々とした草原が続いています。

       木道が彼方へと伸びています。

木道を抜け、灌木の中のぬかるんだ道を泥だらけになりながら

栗駒山頂に向かって登って行きました。

      またまた、雨が降り出しました。

山頂からは、15:05発、栗駒草原駅行きのバスに間に合うように

中央コースを経て、いわかがみ平に下って行きます。

   山腹まで下ってくると、未だ紅葉が綺麗です。

       降りしきる雨の中を帰ってきました。

  やはり、この山の紅葉は、10月の初めころがベストのようです。

山麓の紅葉は綺麗でしたが山頂付近の紅葉は、一週間前に通過した台風14号の強風により全て吹き飛ばされていました。「残念」

 

 栗駒山の登山は、今回も雨にたたられました。

東北の中央に当たるこの辺は、北からの寒気と南からの暖気が

丁度、接する辺りで、常に前線が発生し易く、雨や霧の多いい所

のようです。

 紅葉の期間は短く、一週間遅れると全く違う景観になってしまいますね。自然の景観を堪能するには、運任せ、気長に挑戦するしかないようです。

 

   ●ドローン飛行申請は、いつもDIPSの電子申請で行ってい

    ますが、今回はDIPSの不具合により、ギリギリになってし

    まいました。・・・間に合ってよかった・・・

 【ドローン動画です】https://youtu.be/IfMjqNdcNXE