栄町バス路線 廃止危機対策への取り組み | 岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba

岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba

岩井やすのりオフィシャルブログ Powered by Ameba

こんにちは、千葉県議会議員の岩井やすのりです!現在抱えている課題の一つとして、栄町内の路線バス廃止危機についてご報告します。

 

これまで、JR安食駅から竜角寺台車庫までの路線について、民間事業者によるバス運行が行われてきました。しかし、利用者減が深刻な状況にあるとし、同事業者は町に対し路線維持のための補助を行うよう要請。町は年間1100万円の予算計上を決定し、さしあたってこの6月議会にて、補正予算として500万円を計上しています。

 

31年度は1100万円の補助となりましたが、今後の利用者数によってはさらなる補助が必要になる懸念もあり、町としての負担も決して楽なものではありません。

 

ところで、国は「地域公共交通確保維持事業」として、路線バスの維持のための補助事業を実施しています。具体的には、赤字のバス路線について、その赤字額の2分の1を国が補助するというものです。

 

こちらの補助事業を活用することができれば、町の負担額も大幅軽減できることになり、同路線バスへの補助も安定的に行われるというメリットがあります。

 

ただ、こちらの補助事業の対象となるためには、「複数市町村にまたがる系統であること」等の要件があるため、現状の「安食駅~竜角寺台車庫」を「安食駅~成田駅」に延長する等の改善が必要。ここは関係者が知恵を絞っていく必要がありそうです。

 

現在、竜角寺台自治会、龍角寺等の地元自治会・町内会と連携し、今後の対応について協議しているところ。なんとか、住民・町・事業者が納得する改善策を模索していきたいと思っています。