白綾の改作 |  イワヒバブログ★★★イワヒバ職人

 イワヒバブログ★★★イワヒバ職人

 イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。

最近入手した白綾です。10号のプラ鉢に植えてあります。普通に考えればかなり良い出来です。

ある程度出来ていますのでこれをベースに改作すれば特上品が作れます。創作意欲がほおって置いてくれません。

 

こんな部分もあります。

 

上の方の根茎も気になる細さのところが何カ所かあります。

曇り空でしたので改作しながら日中でも撮影出来ると思って作業を始めましたがここから雨が降り始めました。明日に順延しようとも思いましたが続行です。ですが画像が真っ暗でした。彩度をかなり上げてやっとお披露目出来ました。折角の大改作がお披露目出来ないのでは苦労が報われない・・・とほほ状態から脱却出来て良かったです。

まず下にある細い根茎のところから夢想で補強しました。今回使い古しの水苔をひと夏水に浸け放しにしておいたものと夢想を半々に混ぜたものを使用してみました。夢想だけですと黒々した色合いになってしまいます。また水苔を混ぜることによっていくらか軽量化出来る気がしますのでこんな仕様でやってみました。

 

上の方の根茎も何カ所か補強しています。画像は作画の根茎を赤矢印のところに傾けたと言うことです。太い竹串を打ち込んで矯正しました。

 

真ん中です。頭がないのでここに一番高くなるよう一株合体させます。が、盛り上がっています。

 

大工道具を使って少しへこませておくことにします。

 

こんな感じです。

 

昨年夢想で補強して植え込んであった白綾です。こんな時のために用意していました。

 

赤矢印の頭がくっつけた株です。赤点丸の部分がお手隙となっています。

 

2.5号苗ですがこれを上画像の赤点丸のところに合体させます。

 

赤矢印の株が2.5号苗です。

 

4号の白綾です。これも改作用に保持していたものです。左をA、右をBとします。

 

本体を鉢から抜きました。良い根鉢と言いたいところですが・・・・・・

 

根鉢を崩している途中です。それほど力を使わなくてもピンセットで根が落とせます。このまま植えてしまう方がほとんどだと思いますがこのままでは根の劣化は免れません。

 

ある程度根鉢を捌いてから底の部分は限界まで根を取っています。ホースで水を強く当てながら洗っています。

如何に上体を良くしても根が腐っていては職人の気質に合いません。可能な限り根も作り直します。職人が口にする将来性は根も含めてのことです。根の再起動の方がむしろ重きを置いていると言っても過言ではありません。この株は如何にも再生しそうな雰囲気です。

 

結果的にいつものようにこんな小さな根鉢になってしまいました。

真っ白な根が所々にあります。本来白綾は根下ろしの良い品種です。しかも剛直な部類です。

真っ黒に腐っているところもあります。白い根の根鉢を作ることにします。

 

ここに先のAの株を合体させますが絶壁状態です。

 

あてがってみましたこのままでは難しい感じです。

 

まずくっつける方の株の根を斜めに切り落としておきます。

 

ノミを用意していましたので絶壁部分に棚を作ることにします。・・・・・その後合体させました。

 

次です。

Bの株を赤丸のところに合体させます。細かい作業は割愛させて頂きました。

 

2株合体させたところでバランス的に物足らない部分が出来てしまいましたのでこの株を合体させます。ヨトウムシに食われていました。見映えが悪いです。職人に取りましては合体素材以外には価値がないと思っていた株ですので管理不足になっていたのです。

 

赤点丸のあたりが合体させた株です。大きな任務を果たしてくれました。10号の化粧鉢に植え込みました。取りあえずはそこらに転がっていた鉢です。

 

横から

 

反対側から

 

別サイド

 

下の方、合体改作前(てっぺんは合体済み)

 

合体作業終了画像です。上と比べて下さい。芽数が増えて充実した分、サイズ的にはこぢんまり見えます。

何か良い鉢を見つけておかなければ・・・・・11号ですね。3年もすれば充分出来上がると思いますが

職人にとってはそれまでにどのくらい根が動いてくれるかが問題です。