富貴殿の改作 |  イワヒバブログ★★★イワヒバ職人

 イワヒバブログ★★★イワヒバ職人

 イワヒバ職人のブログです。改作などを中心に掲載します。イワヒバ栽培が益々楽しくなれば幸いです。

植え替え、水くれ、消毒に追われてブログ更新出来ませんでした。9月になりましていくらか改作なども出来ると思います。もっとも植え替えの度、漠然と植え替えるのではなく常に改作的なことをしながら植え替え作業をしていました。

富貴殿の改作です。鉢サイズ6.5号です。根の状態がイマイチで再生中でした。この鉢に植え込んで3年目だと思います。富貴殿は根下ろしの悪い品種です。根下ろしの悪い品種は弱い品種と言えます。肥料が多すぎないように注意します。黄葉品種ですが日照が強いと葉焼けします。焼けまで行かなくても蘇生後、いつまでも紅葉色が抜けません。その時点で日照が強すぎたと判断すべきです。市松のダイオネットは50%表記だと思いますがこれでぎりぎりセーフ。同じ50%表記でも黒い寒冷紗ですとやや日照強すぎになるようです。色出し(黄色くする)は毎年でなく限定的に行った方が良いです。生長も遅く一度傷めますと再生まで時間がかかります。日照管理に気を使う品種です。

この富貴殿、根はいくらか良くなっていると思うのですが真ん中が『はげちゃびん』になってしまいました。

 

根茎部分が柔らかいので画像下の部分を押し込めば移動出来ますが今回は別方法で・・・・

 

向きを変えた上から画像です。AとBの部分に苗をくっつけます。

 

Aの部分に乗っける2.5号苗です。Aとします。

 

Bのところにくっつける3号苗です。Bとします。

 

Aを抜いたところです。

 

いつものように夢想で根茎を作っておきます。

 

乗せました。赤矢印です。押しつけて爪楊枝を刺して固定させました。

 

次は画像右側です。

 

Bを抜きました。このままくっつけます。

 

用土まで根が届きますので少し掘っておきます。

 

こんな感じです。

 

夢想を当てて夢想が流れ落ちないように爪楊枝を何本も刺しておきました。

 

上砂替えをします。今回ばかりでなく上砂替えをする時は同時にすき込みもします。特に根際です。根の甘い株の新たな発根を期待するための重要な作業です。植え込み時はもちろんですが1年後上砂替えのタイミングですき込みもします。ピンセットで強く押し込みますと根の甘い株は新しい用土が結構入っていきます。用土が入らなくなるまで一回りすき込んでいきます。

 

作業終了です。1枚目の画像と同じ向きからです。

 

2枚目の画像と同じ向きの上から画像です。

 

葉も根も完璧に仕上がるのはいつのことでしょうか。来年の今頃には仕上がっていてもおかしくない状態ですが・・・・・・

楽しみ倍増です。