プラズマシャワー導入のお知らせ(coming soon!) | いわクリ日記

いわクリ日記

長岡京市 いわきクリニック形成外科・皮フ科院長 岩城佳津美(Katsumi Iwaki)がお届けする、なんでもありの勝手気ままなブログです。


テーマ:

美容業界、いろんなものが出現しては消え~ドクロ・・・なので、本当にいい治療だけを導入していきたいと考えておりまして、新しい施術の導入には最近かなり慎重になっております。

 

そして、久々に新しい治療器を導入しました。

PLASMA BTです。この治療器のプラズマシャワーハンドピースを用いてする施術をプラズマシャワーといいます。

・・・めっちゃいいです、これ。1回の施術でも、効果が実感していただます爆  笑

 

プラズマってなに?

 

プラズマって何でしょう?

みなさん、物質の三態は中学・高校で習いましたよね?固体→液体→気体というやつです。プラズマはさらに気体に続く物質の第4の状態で、原子を構成している原子核と電子がバラバラになった状態です。これが「プラズマ」というやつですウインク音譜

 

身近なものとしては、プラズマテレビ、そしてオーロラ(身近じゃないけどあせる)もプラズマです。

 

プラズマは細菌に対しては破壊的な作用を示すため、傷口や手術用機器の滅菌として第二次世界大戦のころから利用されていました。医学以外の分野でも、色々な分野で活用されています。

(人の細胞に対しては、細胞内成長因子の活性化など有益な刺激作用を持ち、細胞再生を促進します。)

 

PLASMA BTで発生するのは窒素プラズマです。

 

窒素プラズマによってオゾンが発生するので、まず皮膚表面では、オゾンの殺菌作用によりアクネ桿菌などの細菌が滅菌されます。(左矢印ニキビに効果があります!)

 

そして表皮においては、窒素プラズマにより細胞接着因子(CAMs)が一時的に切断され、物質の吸収率が飛躍的に高まります。(左矢印これを利用して有効な薬剤を皮膚に導入できます。)

 

さらに深層の真皮においては、線維芽細胞を活性化しコラーゲンの生成を促進します。(左矢印肌の若返り)

 

まとめると・・・

・皮膚トラブルを引き起こすアクネ桿菌などの細菌を死滅させる

・皮膚細胞接着因子(CAMs)を切断し、有効薬剤の経皮導入吸収率を飛躍的に高める

・真皮においては細胞再生が促進され、コラーゲンの生成が高まる

 

プラズマシャワーだけでも、滅菌作用、肌の再生作用がありますが、せっかくなので有効薬剤を導入するほうがいいですよね~ハート

 

いろんなものが導入できます。次回、導入薬剤について書きますOK!!

 

現在、スタッフの施術トレーニング中です。もうすぐ治療開始できる予定です。導入キャンペーンも予定しておりますので、お楽しみに音符

 

Dr.Iwakiのフィラー道場も併せてご覧くださいませあしあと

 

 

 

岩城 佳津美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります