東北サクラマス#2(藤田広一郎) | ivylineのブログ

ivylineのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 
 
6月30日で岩手も禁漁を迎えました。
天気や河川状況を毎日のようにチェックして雨が降る度にワクワクする日々もまた来年までお預けです😁
お隣の秋田や宮城は8月、9月までサクラマス釣りができますが自分のサクラマス釣りはとりあえずストップして、これから秋まではヤマメや他のビックトラウトを狙って行こうと思います。
 今シーズンは岩手と秋田を中心に釣りをしていました。自分は仕事の都合上まとまった休みが取れないので平日の仕事前や仕事終わりに1、2時間というのがメインでしたが,、日曜日に1日のんびり釣りができるような日は仲間を誘って遠征を楽しんでいます😊
河川規模、ポイントによってアシュランの8'06"と9'06"を使い分けました。
薮を掻き分け苦労して入ったポイントで出てくれた嬉しい一本。報われた気分が半端ではない😁
 
遠征先でゲットした大型。下の瀬に下られそうになり、ちょっと焦った😅アシュランのバットパワーが良い仕事をしてくれた👍
 
雨の中、激流の瀬から11cmのフローティングミノーを襲ってきたパワフルファイター😱引ったくるような強いバイトにシビレました😁
 
同じポイント、同じコース、同じルアーで連続ヒットに遡上数の多さを感じた。この時釣れたルアーは間違いなく殿堂入りですね😁
 
手前に沈みテトラのあるポイント。9'06"を使ってラインを切られないようにランディング。サクラ狙いでよくあるテトラ絡みのポイントは取り込みが想像以上に大変ですよね😅
ギーガ18g(レインボー)水深1mくらいのトロ瀬を漂わせるようにドリフト。よそ見した瞬間ヒット😎👍
今年1番の大物はやっぱり地元だった😁👍
めちゃくちゃイケメンな鱒でした✨
 
後半は色が入り、鼻が曲がり始めた個体が増えてきた。
 
スレが進んでもタイミングさえ合えばまだまだ反応してくれた👍
 
釣れたよ〜と連絡したら仲間が撮影に駆け付けてくれた😊釣友も自分にとっては大事な存在だ👍
 
ガルーダ6'06"で渓流に遡上したサクラマスをゲット😁楽勝とはいかないが引きを楽しみながら慎重にネットイン👍
 
これがシーズンラストとなった47cm
水も落ち着きはじめ、なかなか口を使ってくれなくなったサクラマスに思い切って5cmのティーグラヴィッツを投げたら反応してくれた😁
8'06"は柔らかいティップのお陰で軽いルアーも爽快にキャストが可能👍
 
今年、自分が行く河川は昨年の大水ですっかりポイントが変わっていました。砂底は払われ岩盤むき出しになっていたり、鱒が着きそうなストラクチャーが無くなっていたり。前半はなかなか良い反応を得る事ができませんでした。新規開拓で入った事のないようなエリアを散策して歩き回りました。時にはポイントに辿り着くのに30分以上かかったことも😅それでも宝探しのような気分で毎回ワクワクしながらの藪漕ぎでした😁今年のように雪が多かった年は春に雪解け水がしっかり出てくれて、川が生き返りますね😊鱒も活性が高くてめちゃくちゃ楽しいサクラマスシーズンでした✨
また来年、この白銀の魚体に逢える事を楽しみにしています👍
 
仕様タックル
ロッド:アシュラン9'06"
             アシュラン8'06"
ライン:ショアゲームPE X8 1号1,2号
リーダー:シルバースレッドショックリーダーN                        16lb,20lb
ルアー:ギーガ18g,23g
             ガルフ14g
             その他シンキングミノー

ivylineさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス