早稲田オープンカレッジで定性調査の講義 | マーケティング談話室

早稲田オープンカレッジで定性調査の講義

11月19日に早稲田オープンカレッジで
「文系でも分かるマーケティングリサーチ講座」の講義を担当しました。

今回、初めて行なわれた3回シリーズの講座で、
私は第2回目の「定性調査入門」を担当。

実はオープンセミナーで定性調査について講義を行なうのは
初めてでしたので(社内研修では行なっていましたが)

どのような内容にしようか、結構時間をかけて考えました。


主な内容は以下の通りです。

・定性調査とは
・定量調査との違い、使い分け
・定性調査の実施ノウハウ(企画~実施~分析)
・ケース(サントリー烏龍茶、サンスタートニックシャンプー、など)


定性調査と言っても方法は様々なので、
グループインタビューをはじめ、観察や日記調査、アイトラッキングなどの
手法も紹介させていただきました。

途中では、受講生の方にご協力いただいて、
グループインタビューのデモンストレーションを実施。

お題は「スターバックスの価値探索」です。

4名の方が積極的に名乗り出ていただき、
スムーズにデモができました。ありがとうございます。

また、最後には、受講生の方同士2名1組となって、
パーソナルインタビューの体験もしていただきました。

お題は「東京ディズニーランドの来場者数アップ策立案」です。

こちらも、皆さん初めてとは思えないほど楽しく賑やかに
行なっていただき、私の方もびっくりでした。

「消費者の声」を通じて戦略立案につなげる有用性を
少しでも感じていただけたら嬉しいです。


終了後は受講生の方々とプチ懇親会。
感想などお聞きできて、とても楽しかったです。


参加者の皆様、今回の機会をいただきました方々、
本当にありがとうございました。





***************************


消費者分析・マーケティング戦略コンサルティング| 有限会社アイボリーマーケティング