コネクターの真のニーズとは? | マーケティング談話室

コネクターの真のニーズとは?


「福井さんって、コネクターですよね!」


と言われたことがあります。

  コネクター=人と人を繋げる人

という意味です。


知り合い同士をマッチングするのが好きなので、主に仕事がらみですが、

「この人とこの人のニーズが合うな」

と思うとお引き合わせのセッティングをしたりします。
有益な情報があると知らせたりします。
人を紹介して、と言われることもよくあります。


以前は、片方のニーズしか考えずにご紹介をしたりして、
うまくマッチングしないこともあったりしたのですが、
最近は自分なりに経験値があがって成約率(笑)もあがりました。

win-winでマッチングが成り立つととてもうれしいものです。


自分にとっては、直接的にはあまりメリットなどはないのですが、
なんでこんな風にマッチングが好きなのか、自分なりに分析すると、

「周りの人に喜んでもらいたい」

という気持ちはあります。でも、ややタテマエ的かも知れません。


マーケティングっぽく、ホンネのニーズを考えると

「役立つことで人に自分の存在感を感じたい」

「他の人に影響力を与えたい」


なんてものが上位ニーズにあるのかなあ、と感じます。
自己満足の世界ですね。


そもそもマーケティングの世界に入ったのも、

「自分が作った商品が世に出ることで、人々の日常生活をちょっとでも変えたい」

などという、やや自分都合の思いがありました(笑)
世の中にちょっとひっかき傷を残したいという感じでしょうか。


最近もいくつかマッチングさせていただきました。
また逆に、ご縁をいただくことも多々あります。
本当にありがたいのものです。



***************************


消費者分析・マーケティング戦略コンサルティング| 有限会社アイボリーマーケティング