こんにちは。
Kinoshita です。
年の最後に最も期待していた申請が通りました。

知っている方もいらっしゃるかと思いますが、
着床前診断PGDについて大きく日本の流れが変わろうとしています。

その第一弾として
日本産科婦人科学会が申請を届けた各体外受精実施施設の構成メンバー、倫理審査委員会、どの機関で検査を行うかなどの流れを審査した上で着床前診断PGD許可施設を認定していくというものです。

全国でも40施設前後しか許可されてないようでしたので本当に良かったです。

いつも書いていますが、不妊治療は本当に選択の連続です。より多くの選択肢を持つことは本当に大切なことです。

今後、当院のPGDが
相互転座による習慣性流産の患者様などに新たな選択肢が提案出来るよう更に励んでいきたいと思っています。

いつも読んで頂いている皆様
今年も一年本当にありがとうございました。

木下レディースクリニックでは不妊治療で悩まれている遠方の方に私達に何が出来るかを考え、導き出した答えを来年実行していく事を決めております。そちらも決まり次第またご報告させて頂きます。

これから寒いのでお体気をつけて下さいね!
良いお年を!

新しい選択肢を皆様に
木下レディースクリニック