こんにちは!

Kinoshita です。
 
当院の誇りであるラボか全国誌でどんどんと取り上げて頂ける様になりました。
 
私は患者様の精子、卵子、受精卵を扱います。
 
患者様は本当に本当に大事なご夫婦の受精卵を私に託して下さいます。。
 
私はどんなに大変でも
今、この世界にある最新で最も安全なラボを患者様に提供する義務があると自分に課しました。
 
医療者にこんな事言われる事があります……
先生そこまでラボを清潔、安全にする必要あるんですか?
 
私は言います。
今この2018年に出来ることをやらない理由があるのですか?
 
医師は必ず患者様に対して生殖医療、体外受精は未知の部分があり、それを理解して下さいと同意書に必ず書くわけです。
 
生殖医療には
未だに未知の部分がたくさんあるんです。
 
私は思います。
体外受精を患者様により安全に行う為に!
私にはこの2018年に出来る事をやらない理由なんて無い!
 
不妊治療を行う組織には
患者様からの大切な大切な思いを背負う
準備と覚悟が必要だと思っています。
 
ぜひ読んでみて下さい。
清浄度  ISO class1 認定ラボの記事
8/8 日本経済新聞
 
特別対談させて頂きました。
興研株式会社
島根富士通 代表取締役  神門 明様
東北大学多元物質研究所教授 中川勝様
木下レディースクリニック 院長 木下孝一
 
新しい選択肢を皆様に
不妊治療をもっともっと知ってほしい