いっくんの樹

トシゾー家にやってきた「いっくん」&「ゆいたん」のお話♪


テーマ:

出産バトンのご指名を受けたので


以前、書いた記事をアップしますw (手抜きでスイマセン;)


陣痛始まりの日


立会い出産


小さな握手


いっくん誕生♪



読み返して、懐かしく思い出したわ~^^


今では三歳のいっくん。

こんなに大きくなって・・・やんちゃ坊主に成長してますねw


口唇口蓋裂の病気も色々心配してたけど

今じゃ、そのことを忘れて(意識することなく)日常生活してるもんなぁ


順調に成長してくれて 本当にありがたい、嬉しいことですラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先日 ある人に言われたことです。



「いっくんが出来る前、どれくらい砂糖摂ってた?

毎日 チョコレートとか食べてた?」


あ:「んーー 、

  好きだったから 食べてたかもしれない。。。

  無茶には食べてないとは思うけど・・・」


「ヤッパリ・・・だから いっくんは病気で生まれてきたんやで。

 砂糖の取りすぎはそういう子が出来やすくなるんやって。」



一気に涙が溢れてきました。


「そんなこと今更言われたって いっくんの病気はどうもできないやんか!!」

思わず感情的にそう言い返してました。



いっくんが生まれてきて 初めて病気を知り、

原因の要素となるものを知った。 (はっきりとした原因はいまだ不明ですが)

いっぱいいっぱい自分を責めて 泣いて夜を過ごしました。



妊娠がはっきりわかる前

「もしかしたら妊娠してるかも?」と 思いながらも 浴びるようにお酒を飲んだ日もあったし

丁度 口唇口蓋が形成される妊娠8~12週の頃は

職場でインフルエンザが流行っていて

その病児の看護を毎日気にせず行ってた。

あの頃のトシゾーはまだ喫煙者だった。



数々の危険要素・・・

知らずとはいえ、ごめんね。

長期の治療でつらい思いさせることになってごめんね;;

いっくんに申し訳なくって 申し訳なくて仕方なかった。



でも、泣いててもどうにもならないし、

それよりも 今 目の前にいるいっくんに精一杯することの方が大事!

そう思って 立ち直って頑張ってきました。



なのに・・・

過去を蒸し返され 再び責められてるみたいで 

辛くって辛くって 涙が止まりませんでした。。。



その人に責める気がなくっても

どうしてもその点に触れられると 

過去がよみがえり、責められてるように感じてしまうのです。。



*****************


「砂糖の取りすぎ」

確かに

甘いものが好きで チョコレートにはまってる時期もあった。

職場で毎日おやつの時間があったし・・・。

でも、

ご飯の代わりにおやつで済ますってことはなかった。

妊娠がわかってからは 体重制限が厳しかったから甘いものは控えてたつもり。


でも、

どれだけ以上が摂り過ぎになるのかわからないゎ;;



その人いわく、

「うちの両親が 胃がん・高血圧・糖尿病という体質を持ってるから

私にもその体質は遺伝的に受け継がれてる。

当然 いっくんにも受け継がれてる。

だから、砂糖の悪影響が出やすい。」


「今後の生活を守っていけるのは あなたなのだから 食生活に気をつけてあげなさい。

化学物質・砂糖・牛乳・肉は 極力摂らない方がいい!!」


「二人目が欲しいと思うなら なおさら!!

今から気をつけなさい。

母親にはそれだけの責任があるのよ。」




その人が 私たちのために 今後のために

アドバイスをくれているのはわかるのです。


いろんな情報をくれるのも ありがたいと思いますよ。


私も話を聞けば 納得できるし、気をつけた方がいいだろうとは思うし

出来ることは 受け入れて実行していこうとも思う。



ただ、やっぱ言い方だろうな・・・


過去を言われると どうしようもできない分つらい。


「事実を見据えるために」 かもしれないけど


でも、やっぱり辛すぎたよ。。。



AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日で満1歳1ヶ月\(^o^)/


あんよもかなり安定し、距離も長くなってきました。


指差ししながら一生懸命お話もしてくれます♪


最近のはまりの遊びは~

保存食いじり?w


付き添い入院に備えて買っていたレトルトご飯や缶詰を

棚から出してきて

散らかしたりしまったり・・・

積み重ねたり、転がしたり・・・

おもちゃよりそれらがいいみたい・・・(^_^;)


「ん!」と渡しにき、

「ありがとう^-^」と受け取ると

真似してお辞儀をする姿がかわいぃです♪


**********

お話といえば~


買い物や公園からマンションの玄関に到着すると

必ず「え、え!」「え~~~」とか言います。


怒ってる感じではないんだけど・・・


まるで「もうおしまい?」「えええええ;;」

って言われてる気になります。


何が言いたいのかな~


***************


1年前のこの頃、1ヶ月検診を受けてました。


体重:4550g

身長:55cm

胸囲:36・5cm

頭囲:37・8cm



丁度この頃、

私が乳腺炎になり、発熱ダウンしちゃいました;;

痛くって痛くって・・・

乳腺炎は結構辛い~。


冷やせばいいって聞いて、冷やして・・・

確かに治まったけど、

実は

正常な乳腺まで壊しちゃうから逆効果だそうです;;

痛いのを我慢して詰まっちゃった出し切るのが一番いいみたいですね~


あの時期は精神的にも辛く、

もう断乳しようかなとも思いました。


お乳は張るけど直母で飲んでもらえない。

初乳は免疫いっぱいだから、出るならあげたい。

で、搾乳を頑張ってたけど・・・


搾乳→温め・授乳→寝かしつけ→搾乳→温め・授乳→・・・


一日中、お乳のことで頭いっぱい

搾乳・授乳に振り回される日々でした;;;


当然、間にぐずるから、

スウィングベッドに寝かせ、

足で揺すりながら搾乳とかもしてました。 (すごい格好;;


いっくんは寝ついてても

夜中も3~4時間おきにしないとダメだし。


私ってお乳製造機?って思えたり

外出時に

授乳室で搾乳してる自分が虚しくなったり・・・


ここまでして搾乳することに意味あるのかなと思ったり・・・。


でも、

検診で看護婦さんに

「手術を受けるならなおさら、少しでも母乳をあげて欲しい。

たとえ1日10ccでもね^^

こんなにいいお乳がでるんだから」 と言われ


その少なさが何となく気を楽にさせてくれて

口唇手術までがんばろうって思えました。


しばらく母乳マッサージに通ったり

整体に行ったりして

気分転換の時間を作り、

搾乳のコツを得ると

ペースが出来てきて

辛い時期を乗り越えることが出来ました^^


結局、生後5ヶ月頃で出が悪くなり、搾乳終了~


辛い時期もあったけど、

今思えばいい思い出。

「自分よ、よく頑張った」って思いますもんw



でも、

やっぱり

直母に憧れます・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

おめめ、開いた041006-001.png


生後間もない頃って、

一日の殆どを寝てすごしてるのよね~

だから、

おめめ開けてる顔を見れると とってもうれしかったよ。


写真に撮れたときはかなり興奮でしたわぁ♪

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょうど1年前


2004年9月22日 午前0:38


いっくんがこの世に誕生しました。


陣痛が始まってから 丸1日近く。
母子手帳には分娩所要時間は23時間41分と書かれてありました。

(実際にはもっと長かったぁ;;)



その間、


お腹の中のいっくんも

早く出てこようと頑張ってくれてたんだよね^^


出産に立会って 支えてくれトシゾー


廊下で待ち続けてくれたおばあちゃん


自宅でハラハラしながら待機してくれてた姉夫婦やおじいちゃん達


応援メールをくれたお友達


先生や助産師さん達


み~んなが

いっくんの誕生を心待ちにし

祈り、支えてくれてました。

 

みんなのあたたかい気持ちに包まれて 

いっくんは生まれてきたんだよ

 

忘れないでね ^-^

 

みんな、ありがとぉ~(^O^)/



*************************


生まれてきたいっくんは


口唇口蓋裂という病気を持っていました。



出産直後に初めて知らされました。


聞いた一瞬は驚き、不安もあり、よく理解できなかったけど、

(お産で疲れきってたのもあるしネ;;)


対面したら、すぐ理解・納得。

大したことじゃなくなったw

 

いっくんがここにいる、その存在がすばらしい!!


トシゾーも

「食べること、しゃべることに問題は?命には?」

それだけ質問し、大丈夫だとわかると


「じゃあ、問題ない^^」


抱かせてもらい笑いかけていたよ^-^


その姿をみて

一緒にがんばっていける!

「いいパパさんで良かったね」と安心しました^^



私も胸に抱かせてもらいました。

ずっしり重く、大きいのがわかった。


「この子が私の子どもなのね~♪」

愛おしさがこみ上げてきました。


鼻口に裂があるけども、本人は全く分かってなく(当たり前だけどw)

赤ちゃんらしく指をしゃぶったり、あくびをしたり、

瞳を開いて、一生懸命こっちを見ようとし

微笑んでくれたw

 

かわいぃ~。すっごくかわいいよぉ~♪

大変なこともあるけど頑張ろうね

一緒に頑張っていこうね!

 

大好きだよぉ~♪


「何があっても一緒に乗り越えていく」

そう強く思いました。。。


***********************


さて、


出産と同時に

「大きい子や~」と言われたいっくん。


分娩室にいた一同期待の体重測定が行われました。




体重:3950g

身長:51cm

胸囲:35.5cm

頭囲:35.4cm


「そりゃ、大変やわ~」

今までの経過をみんなが納得しましたww


そして、

現在入院中のベビーNO.1に確定したのです。

(退院するまで1位維持。。。)




いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の記事に続くかのような

トラックバックステーションのお題w


もうこれはTBするしかない!


痛い場面多いです。

苦手な方はご遠慮下さい<(_ _)>


*********************


立会い出産。

これは私の希望w


トシゾーは嫌がってたけど・・・

無理無理同伴出産の講習会へ連れ出してました。


事前講習を受けてないと立ち会えない病院だったんでね。

当日に仕事の都合でどうなるかわかんないけど、

可能性は作っておこうと^^


************


私自身は妊娠中・出産と

母の自覚が芽生えやすく、

我が子と対面した瞬間から深い愛おしさを感じるけども、


父親のトシゾーは我が子の誕生後

「はい。あなたの赤ちゃんですよ」って言われても

ピンとこないでしょ?

少しは一緒に頑張る場面がないとねぇ~。


妊娠中にも

お腹に話しかけたり、

子どもの将来を語ったり、

そんなことを積極的にする人じゃないから

余計にそういう機会を与えたかった。


母はこんな大変なことを頑張ってるんだぞ!

ってことも知らせたかった。


**********************


9月21日(火) AM2:00過ぎ  産婦人科へ向かいました。


子宮口が3cm。陣痛も5分おきになっていたので、

そのまま入院し一般陣痛室へ。


順調そうに思えたけど、陣痛が遠のき長丁場になりそう、とのことで

トシゾー達はいったん帰宅。



私は一人陣痛室。

他の妊婦さんもいました。。


苦しそうな声が聞こえてきます(>_<)

その声を聞いてるのもつらい。。


自分に痛みがくると、今度は私がうなる;;;

声を押し殺すように痛みに耐えてました。


なんともいえない部屋です;;



看護婦さんも忙しいのか殆ど側にいてくれず

一人で耐えることが多い。。。


痛くてつらいし、

不安一杯・・・

寂しさ一杯・・・

涙がでてきます。。。


看護婦さんに「家に電話しますか?」と聞かれ

「はい」と即答。


だって、もう一人でいるのに限界だったんだもん(>_<)


*************************


AM 7:00  トシゾーが来てくれ、同伴分娩室へ移動しました。


個室なので、周りに気兼ねなく声も出せます。

安堵感と睡魔で

陣痛が遠のいちゃいました(^_^;)


トシゾーは部屋のソファーで仮眠w


***********************


昼前入浴させてもらえました。

さっぱりしたし、

湯船につかっていると痛みがやわらぐ~~

水の威力は偉大ですw


あがると痛くて痛くて、なかなか着替えがはかどらなかったケド;;;


昼ごろから

再び陣痛が5分おきに。

あいまみて、食事。


*****************


子宮口3cm→5cmになるのが、なかなか進まなかった。

(12時間以上かかってた。21日の夕方だったかな?)


そこから

いきみたいのにいきんじゃダメ!!

呼吸法でいきみを逃しなさいって。

それがもう、つらいの、なんのって;;


それに

いっくんは頭が大きくって。。


(検診で、頭の推測9・6cm。

子宮口最大10cmでしょ?

ゆとり4mmですか?状態でしたから;;)


普通、赤ちゃんは頭を上手に回転させ

狭い骨盤に合わせながら

降りてくるんだけど

大きすぎて回れてなかったようです;;


何回も内診されて、それがまた痛い!!


「内診させてね~」

「いや~>< 今は無理!!」

「後でならいいかも・・・」

「じゃあ、少ししてからね;;」

わがまま言いたい放題でした


*************************


痛みのせいで

わがまま&壊れた私。


「痛いぃぃぃ」

「もういやぁぁ」

「あとどんだけ頑張ったらいいん?終わる?」

「そこ押して~。そっちじゃない!!」

「もっと下!!」

「優しく~」 「強く!!」


このときとばかりに好き放題?w

ってか、何も考えられませんでしたよ;;;


********************


トシゾーはそんな私に愛想尽かさず

ナイスフォローしてくれました。


足底マッサージ

身体をさすったり、押したり・・

私が言うがままにしてくれました。


私が半べそかいてると

喝を入れ、励ましてくれました。


看護婦さんにわがまま言い過ぎると

冷静さを取り戻してくれました。


「赤ちゃんもがんばってるんやで!」

「長くてもあと1日頑張れば終わりや^^」

「みんなできてんねんからできる!」

いっぱいいっぱい 励ましてくれました。

同伴出産を嫌がっていたのに

しっかり支えてくれて

本当に嬉しかったし、ありがたかったです。

きっと同伴じゃなかったら

あそこまで頑張れなかったように思います。


ありがとね^-^


********************


夜になって

人工的に破水をさせ、

「もう、いきんでいいよ~」と言われ始めました。


いきみがへたくそ?


「どこに向かっていきむのかわかんない><」

「ここや!!」


ようやく髪の毛がちらちら見えてきた・・・


いきんでもいきんでも進まない;;


「頑張ってるのに;;;」

「もう、帝王切開でもいいから、ぽ~~んと出して~~(>_<)」


「自分ががんばらんと!!お母さんやろ?」

「赤ちゃん出してあげられるのは自分しかいないんやで!!」

喝入れられながら頑張りました。


長期戦&不眠で力が不十分・・

子宮口全開から3時間は限界ってことで


吸引分娩することになりました。


********************


麻酔注射も

吸引ゴムをつけるのも

何もかもが痛く 叫びまくり;;



いきみと吸引の同時進行で


ようやく頭・・・肩・・・


ご出産!!!


おぎゃ!おぎゃ!

短く太く 大きな声でいっくんは泣いてました^-^


*****************


翌日のトシゾー

「もう立会いしないから」


トシゾーの腕は筋肉痛でパンパンだったそうですw




いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家の一番贅沢な外食。


それは焼肉「天道」 で食すこと。


最後に行ったのは・・・。


*****************


出産経験済みの友達に、


妊娠中に行っておくべきところ=「焼肉屋!!」

産後は子どもがある程度大きくならないと危険で行けないよ;;


と聞いていたので、


出産予定日前に

出産に備えての勢力つけと

久しく味わえないであろう焼肉を堪能しに出かけたいと

トシゾーに話していました。


9月18日(土)に行く約束してました。




でも、トシゾーがドタキャン。


「まだ、予定日まで日にちあるやん!!」って。



私は気が気じゃなかったですよ;;

陣痛が予定より早くくることだってありうるし・・・

そうなったら、焼肉食べれないやん!!(>_<)


だから、いっくんに話しかけました。。。

「いっくん焼肉食べたいよね~?」

「食べるまで出てきちゃダメだよ~^^」ってww



次の日、トシゾーは泊まりの仕事・・・・はぅ;;


***********************


行けたのは2日後。

忘れもしない 9月20日(月)=祝日でした。



昼間にコーナンへ買い物に行きました。

が、身体が重くって、重くって・・・

お腹や股がきつくって・・・

歩くのが辛かった;;;

カートにもたれながら、買い物のため うろついてました。。。


いつもより、身体がだるいよ~~;;


*************************



夕方から、友達も合流して念願の「天道」へw


残念ながらよく覚えないの;;


多分おいしく頂いたと思います^^


大きなお腹を抱えて

お店に入っていった光景は覚えてますがねぇ~


**************************


おうちへ帰って、

ネットゲームを始めました。


やっぱり、お腹がヘン。


チャットで経験者にお腹の様子を話したら



「陣痛じゃない?」


「ええ?これが・・・(@_@;)?」


「トイレ行ってみる・・・(^_^;)」


   ―  WC ―


「キターーー!!!おしるしがぁぁぁぁぁ・・・」

「病院行ってみます(>_<)」


「がんばってね\(^o^)/

*********************


最初の頃の陣痛は

「イタタタタ・・」程度ですぐに治まるし、


これから始まる~っていう興奮で

妙にハイテンションになっていた私。


陣痛が始まると笑いがこみ上げてましたw



でも、それもほんのわずかな時間でしたけどね;;


********************


姑と姉に連絡。

すぐに駆けつけてくれました。


病院へ行き、診察を受けると

子宮口3cmw

そのまま入院することになりました。


それが

なが~い陣痛・出産の始まりだったのです。


*********************


その日以来、「天道」には行けてません。



9月19日には行きたいなと思ってます。


その日は我が家の焼肉記念日だわぁ♪


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。