ブロックチェーンとビットコインの組み合わせも、どっちが先なのか、正直よくわからないものの、その開発過程において双方が相互に関係して形になっていったと思う。

「資産」を暗号化して、さて、それをどうするのか。

「資産」の暗号化は、初期段階になる。

問題はその次である。

暗号「資産」の前に、仮想「通貨」と訳したわけだが、「通貨」と言っているのだ。

そういう「通貨」、つまり「流通」としての特性もあるのだ。

「資産」と「流通」とは、少し特性の違う「価値」になるのだ。

そして、新金融はこの「資産」と「流通」を共に実現(つまり、付加価値倍増)するために、真剣に考えているものである。

だから、金融の付加価値としては、非常に素晴らしいものなのだ。

新金融とは、そういうものだ。

「通貨」特性のものをブロックチェーンというデザインで実現するのは、とても苦労すると思う。

最終的には、その通貨特性を狙っていると思うが、そのエリアは課題が多い。

資産類の価値をデジタル化するだけだと、付加価値が弱いし、次にそれを流通させることで資産的な価値は上げられる。

だが、その価値が安定しないと流通の対象としては厳しい。

こういう課題を解決する、その一つの手段が「魔法」である。

ブロックチェーンは、誰が訳したか知らないが、「分散台帳」である。

正しい訳だと思うし、この部分は分散化している。

ただ、その処理においては基本的にシングルである。

ここが詰まるし、スケーラビリティの対応における悩みになる。

それを解決すると処理の分散になるが、そうなるとブロックチェーンのアルゴリズムではなく、分散技術の応用になる。

できるだけ簡単な表現を使っているのでSE用語は使わないようにしているが、この処理の差でブロックチェーンかその進化かの選択になる。

進化があるならそれを使えば良いとなるが、以前にも話したように、運用に問題が出てくる。

運用コストが比較にならないくらい上がるのだ。

この技術は低コストが魅力であるなら、悩みどころになる。

それならブロックチェーン自体をチューニングすれば良いとなるのだが、メジャーなものはオープンソースである。

そんなものを簡単にいじれない。

こういう細かい組み合わせが、沢山あるのだ。

使い方を間違えると、目的のサービスに影響がでる。

だからブロックチェーンは目的を決めて、どうしていくのかを考えるべきだと何度も説明してきた。

ブロックチェーンを普通に使うのであれば、分散した台帳という、そういう記録業務に準じたものに使っていくのは相性が良いし、そのようなものがブロックチェーン技術の基本として、実用化を目指しているものは多い。

このエリアは難易度が低い(つまり金融ではない)ので、レッドオーシャンになる。

金融外で使われるのが多くなるのも事実だと思う。

そして金融が関係しているものだけはハードルが相当高くなるのだ。

ブロックチェーンは記録処理が主体で優れているのだが、ブロックチェーンの特性で言われる小口化とか、処理速度とか、実は金融のレベルでは基本的に低スペックの評価なのだ。

小口化とか高速処理とか、そんなに甘いものではない。

絵に描いた餅の話をすると、運用まで考えると進化前の基本的なブロックチェーンをベースとして選択したいのだが、性能を上げるために大きな壁があり、その対策に相当苦労するだろうなぁということだろうか。

分散技術ではセキュア面での難題は別として、小口化と処理速度を共に実現することは難しい。

スケーラビリティの実現というのが、実装レベルで認識すべき最大の難関となる。

小口化と処理速度は相反する性能要件である。

このあたりまで対応したものが、本当の意味でフィンテックの主力技術になると考える。

まぁ、大変ですよ。