7月5日は都知事選の投票日ですね。日数的には間近となりましたが、

投票用紙に一票を投じる方のお名前を記入するその直前まで

じっくり考え、改めて学び、選ぶ時間も機会もまだまだあります。

 

日本の首都である東京都の知事です、しっかり選びたいものです。

 

 

東京都知事選候補者一覧

https://2020tochijisen.tokyo/governor/index.html

 

 

政見放送・経歴放送の予定

https://2020tochijisen.tokyo/governor/voice.html

 

 

私自身も都民のひとりとして、都民の幸せを真に考え行動してくださる方を

選びたいと考えていました。そんな矢先、たまたま鑑賞したドキュメンタリー

映画では、「幸せ」と「尊厳」を基準とした教育や社会制度を実践している

国々について紹介されていて、その想いと願いを改めて感じていました。

 

そんな折、近年の大きな変化でもあるビックニュースが飛び込んできました。

 

 

 

(画像は都知事選挙の公報より)

 

 

特定非営利活動法人Targeted Individuals Japan代表で、 

ご本人も「集団ストーカー」「テクノロジー犯罪」被害に遭われている、

押越氏が立候補されたというニュースでした。現在精力的にご活動中です。

 

 

押越清悦氏(Twitter)

https://twitter.com/1IwhxAo6opP6qZo

 

 

また、前回の参議院選に立候補された際、集団ストーカーに触れ、

公約にも入れて下さった、みぞぐち氏。

今回は押越氏の応援演説に駆けつけて下さったり、

ポスター貼りまでして下さったり、大変心強いサポートを有難うございます。

 

 

情報公開おおた代表 みぞぐち氏(Twitter)

https://twitter.com/mzgc_yp_otaku

 

 

また、アラブニュースジャパンにて、押越氏を取り上げて下さっています。

 

 

■Arab News Japan 

https://www.arabnews.jp/en/japan/article_20390/

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

そして、周知啓発活動と共に都知事選ポスター貼り等の

ボランティア活動や選挙演説のご様子をアップしてくださっている方々

有難うございます。サポートの皆様もお疲れ様です、有難うございます。

 

 

【東京都知事選】連動 

全国集スト周知WEEK(6月18日~7月5日まで)勝手にカウント

https://ameblo.jp/jipurosu/entry-12605014354.html

 

 

都知事選ポスター貼付とチラシ配布

https://ameblo.jp/mujiemon/entry-12607477943.html

 

 

上記の方の記事にて、多くの方々のご活動に触れておられますが、

ブログやTwitter等でご活動されている方々もその他にも沢山いらっしゃり、

また、実生活上でご活動されている方は大勢いらっしゃいます。

 

そして、声をあげようにもあげられずに耐え忍んでいらっしゃる、

この犯罪被害に遭われている方々のご存在の数も計り知れないことを

是非知っていただけたらと願っています。

 

2020年上半期は、新型コロナウィルスによる自粛生活を余儀なくされ、

社会におけるシステムや在り方を見直され考え直された方々が少なくない上

今迄気づかなかった良い点にも、又おかしな点にも気づかれたという方は

大勢いらっしゃると感じています。

 

この日本、本当に平和でしょうか?そもそも、健全でしょうか??

 

 

「集団ストーカー」「テクノロジー犯罪」の組織的犯罪の周知啓発活動を

されている皆さんは、犯罪も被害もなくなることを願うのは勿論のこと、

なにより健全で幸せな社会を願う方々であり、真実を訴え続けています。

 

人権侵害や暴力行為からは、平和も幸せも健康も生まれません。

特定の人達だけ利するような社会、そのために多くの犠牲を生む社会、

そんな社会で安心して暮らせると思いますか?そんな社会を望みますか??

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

尚、今回の記事で触れたドキュメンタリー映画というのは、

マイケル・ムーア監督の「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」です。

(※監督ご自身が取材をされ、幸せや平和を題材にしている映画ですが、

中には残酷なシーンの画像も含まれていますので、ご注意下さい。)

 

 

この映画のラストでは「ベルリンの壁」崩壊についても触れていました。

私は当時のニュース報道は覚えていますが、この映画を観たことで

実際に現地に行ってみたいと初めて思いました。

 

コンクリートの壁を実際にノミとハンマーでコツコツと叩く人々が

描かれていましたが、そのノミとハンマーは、民意にとって象徴的な

ツールでもあったのかもしれないなと感じました。

 

そんな小さな道具で一人の人間がコツコツやったところで何になる?と

最初は思うかもしれません。しかし、「雨垂れ石を穿つ」のです。

やがては大きな流れとなり、社会的な力となっていくのだと思います。

 

 

実は、私自身、以前は「そもそも投票したい人がいない」と、

無関心になっていた時期が長くありました。その結果が今だと思います。

今は、それではいけないのだと痛感しています。

 

 

良心良識からの、道徳的な選択を。

より良い社会の基盤は、あなたご自身とその選択でもあるのです。

Think,Learn,Vote!

 

ブログランキング参加中

↑ 一日一回クリックしていただけると、記事が埋もれず嬉しいです!

 

 

 

 

via Peaceful World

Your own website,

Ameba Ownd