68. POE(朴保) | 『イットクフェス2021!』リレーブログ(出演者&スタッフブログ)
新型コロナウイルスに関する情報について

『イットクフェス2021!』リレーブログ(出演者&スタッフブログ)

『イットク フェス2021!』10/24開催決定。
運営スタッフからのお知らせや、出演者紹介、スタッフの思いをブログにしていきます。

スタッフです。介護休憩で田舎に来ています。
先日、軽自動車で県内の高速道路を走ってみました。軽とは言え、四駆のターボ車。普通自動車と大差なく、標準速度で快適に走っていたのてすが、見た目はやっぱりただの軽。前へ前へと次々に追い越していく普通自動車を横目に、ちょっと前まで普通自動車で軽を追い越す側だった事もすっかり忘れ、(軽自動車差別だー!)と心で叫びながらの運転でした。
それにしても久々に走る田舎の高速道路は、コロナ不況のせいもあってか、税金安く燃費の良い軽自動車が主流になりつつあるようです。


俺たちゃ年金もらう為に生きてるんじゃねえんだ!

年が来たら一律、みんな同じようにもらえばイイ!

ボンクラ与党の頭は誰でもイイ。

問題は次の選挙だ!

選挙に行こう!

参政権すら持てない人たちの為にも!

この国では在日外国人に参政権がありません。

役立たずな政治家どもを追い出して、新しい希望の時代をつくるんだ!

POE


POE(朴保)https://www.pakpoe.com/


1955年 山梨県にて韓国人の父・朴釘来(パク・ジョンネ)と日本人の母・広瀬美重子の間に生まれる。

1958年 家族で静岡県富士市に移り住む。

1965年 ギターを始めた兄に誘われ、バンドでドラムを叩き始める。

1979年 「広瀬友剛」の名でソロ・シンガーとしてワーナー・ブラザーズ・アトランティックレーベルからデビューシングル『ウェブロ(なぜ呼ぶの)』/アルバム『それでも太陽が』を発表。

1980年 韓国を訪れ、パンソリなどの伝統音楽に触れる。「朴保」に改名。「朴保&切狂言」を結成。

1981年 埼玉県「原爆の図・丸木美術館」にて多くのミュージシャンを集めフリーコンサートを企画・主催

1983年 反原発のコンサート「NO NUKES 2」に参加するため渡米、サンフランシスコで自身のバンド「Ogie Yocha」/「Psychedelic Samurai and I」を率いて活動、ネイティブ・アメリカンの聖地・Big-Mountainでの集会コンサートに招かれる他ネヴァダの核実験場跡で『Hiroshima』を歌うなど西海岸の音楽シーンと平和運動に於いて注目を集めピート・シガー、ジェリー・ガルシア、ナラダ・マイケル・ウォルデン、デビッド・リンドレイ、カントリー・ジョー・マクドナルド、サンタナ・バンドのパーカッショニスト(チピート・アリアス、マイケル・カルベロetc)といった数多くのミュージシャンとセッションを重ね、交流を深める

1992年 「朴保&切狂言」の活動を再開。「朴保&His Band」結成。

1993年 「東京ビビンパクラブ」に参加。

1995年 アルバム『WHO CAN SAVE THE WORLD?/朴保&切狂言』を発表。

1996年 『東京ビビンパクラブ』1stアルバム発表。カセット『X'MAS SONG/PAK-POE』を発表。

1997年 「朴保Band」結成。

1998年 ピースボートに乗船し、中国、ベトナム、カンボジアを訪問、ダナンとプノンペンでライブを行う

ソウルにて巖仁浩(オム・イノ)率いる「新村ブルース」と3日間のジョイント・ライブを行う。

        シングル『Good Night Baby/朴保Band』を発表。

        ドキュメンタリー映画『A』(監督:森達也)の音楽を担当。

1999年 「波人(パド)」結成。新宿梁山泊『少女都市からの呼び声』ニューヨーク/東京公演に出演。

2000年 日韓共同、同時発売アルバム『朴保&巖仁浩/時は流れる』を発表。

2001年 東海道400年祭祝祭劇『佐久夜』(総合演出:市川猿之助、音楽:加藤和彦、美術:朝倉摂)に出演

        9月3日ピースボートで朝鮮民主主義人民共和国/大韓民国を訪問、両国でライブを行う。

2002年 映画『夜を賭けて』(主演・山本太郎)の音楽を担当。

        サントラ・アルバム『夜を賭けて』マキシシングル/アルバム『いつの日にかきっと』 を発表

2004年 『波人』1stアルバム発表。

2007年 オリジナル曲『傷痍軍人の歌』が宋神道(ソン・シンド)さんの慰安婦裁判の闘いを追った

ドキュメンタリー映画『オレの心は負けてない』(監督:安海龍)のエンディングテーマとなる。

2008年 ドキュメンタリー映画『朴保~歌いたい歌がある』(監督:田中幸夫)が韓国の「在外同胞映画祭」に

出品される。

2009年 デビュー30周年記念アルバム『架橋~未来へ/朴保バンド』を発表。

        ドキュメンタリー映画『PAK-POE』(68分/監督:田中幸夫)が東京・大阪で公開。

2012年 福島原発事故による子ども救済の為にオーストラリアでアルバム「Rough Diamond」制作、寄付活動を展開

2013年  ソロアルバム「IMAKOSO」発表(12インチアナログ盤にCDが附録)

2014年 デビュー35年 ドキュメンタリー「朴保」DVD、アルバム「Oneness」発表

2015年 アルバム「この世の終わりなど見たくはない」(限定特典:アナログ7inch EP付き)発表

2016年 ミニアルバム「丸五市場」発表

2018年 韓国でレコーディングしたアルバム「ノム チョア!」発表

2020年 Covid-19によりライブ活動できず、自宅録音したアルバム「Peace Prayer」発表

この他、毎年行われるアイヌモシリ一万年祭(8月・北海道)やワンコリア・フェスティバル(11月・大阪)などのピース・イベントに参加、8月の広島にて被爆追悼ライブを慣行。現在も海外を含めて精力的に活動中。


----------------------

 

🔷10/24(日)開催 第5回イットクフェス 

最新情報は公式HP、各SNSをチェック!

 

宝石ブルーイットクフェス公式HP https://ittoku.site/

宝石緑Twitter https://twitter.com/ittoku69

宝石赤YouTube イットクフェスYouTubeチャンネル

 

🔶イットクフェスでは運営資金を募っています。

【賛同金カンパのお願い】

 

 

イットクフェス実行委員