「今でしょ!」誕生に関するお詫びと訂正 ~大反省の巻~ | 林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

こんにちは。東進ハイスクールの現代文講師、林 修です。日々に思い、少し考えたことをぼちぼち発信していきます。

 先日の「知りたがり」で、「いつやるか? 今でしょ!」という言葉がどこで使われたのか教えてほしいと言われました。今までどおり、


「2010年ころに、京大現代文の授業中にで言ったはずです。」


 とお答えしたのですが、もっと正確にと言われて、はたと困ってしまいました。


 実は、どの授業で言ったのか、今まであいまいなまま、ネットで見て、「ほう、京大現代文で言ったんだ」と信じ込んでいたからです。表現の形はともかく、内容的にはいつも似たようなことを言うのが我々の仕事ですから、いつ、どこで言ったのか明確に認識していなかったんですよ。


 しかし、それは確かに無責任です。


「わかりました、調べて正確な事情をお伝えします」


 と、お答えして、調査開始!


 まずは、YouTubeを見て、内容を確認。「第2講 《STEP 4》」とあるのが大きなヒントです。自信満々に、京大現代文のテキストを引っ張り出して第2講を見ると、ない! この時点でちょっと青ざめました。


 そこで、 最初のCMがオンエアされた2010年を中心に、テキストを全部引っ張り出して、第2講をチェックしましたが、やはりない! 古いものも全部引っ張り出してチェックしましたが、やはりない!


 結局、あのCMを作成してくださった広告代理店の方に電話して返ってきた答えは、


2009年 東大特進 夏期 2年生東大現代文 第2講


 だと判明いたしました。今まで、京大現代文だと言ってきたことを訂正してお詫びいたします。どうもすみませんでした。


「2年生だからまだいいや」と思わずに、自分の足りないことに気づいた、今、すぐにやろうよ、そういう思いで言った言葉だったようです。


 これを読んでいる生徒の皆さん、ネットの情報を利用する際には、しっかり裏を取るようにしましょうね。