東大特進 東京A・B日程終了。 | 林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

こんにちは。東進ハイスクールの現代文講師、林 修です。日々に思い、少し考えたことをぼちぼち発信していきます。


テーマ:

 昨日で、東大特進の秋期テストゼミ、東京会場A・B日程とも、無事に終了しました。教室が満員で快適とは言い難い状況の中でみんなよく頑張ってくれたと思います。


 第1講の答案は、全体的な出来は今一つでしたが、それでもK高校、O高校の生徒さんからは、本番でも優秀と判断されるような、できのよい答案が出ており、他のみんなも後を追っかけてくれればいいですね。パラパラっとみただけですが、第2講の答案はよくなっているものが多いようです。勘が取り戻せたということもあるでしょう。


 今回は全日程において、秀ちゃんがスタッフに参加してくれました。授業後は僕よりも、彼への質問の方が圧倒的に多く、10時過ぎまで熱心なやり取りが続きました。前日は、I君、Y君もいいアドバイスを送っていました。彼らの、最新の生きた経験は受験生にいくつもの大きなヒントを与えることができるはずです。今後も、生徒の皆さんには、彼らを上手に利用してほしいと思います。


 終わった後に、彼らと軽く食事をしたのですが、そこで彼らからもたらされる情報は、本当に貴重なものが多くて助かります。受験に関するものだけでなく、東大の、東大生の現状について実に的確な情報を得ることができるんですよ。なまじ自分が卒業しているだけについつい体験に頼って話しがちにならずに済むのも、彼らのおかげです。いやあ、東大も変わっているんですよ。さらには、彼らは東大の中でも優秀な生徒ばかりなので、教授にも気に入られていて、教授との何気ないやり取りを語ってくれたりすることもあります。そんなとき、予備校にいるだけではとてもうかがい知れないような、アカデミズムの最先端を感じることさえできるんです。こういう最新の状況も知らずに、したり顔で話す危険性もあったことを思うと、本当にぞっとします。


 結局、東大特進は関わったすべての人がアカデミックになれる環境であると言ったら身びいきが過ぎるでしょうか?(笑) まあ、それはともかく、生徒の皆さんの志望が一人でも多く実現するように、やるべきことを的確に行っていくつもりです。


 今日は午後から、吉祥寺のスタジオで収録です。

林 修さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース