【自己探求】十牛図に学ぶ 「1.牛を探す(尋牛じんぎゅう)」 | かげした真由子オフィシャルブログ「心理タロットと星読み」Powered by Ameba

かげした真由子オフィシャルブログ「心理タロットと星読み」Powered by Ameba

占いの可能性を追求するあなたへおくるタロットと星読み。心理学をベースとした人生を変える占いセッションを日々追求している占い師・講師のブログです。


テーマ:
こんにちは、自己探求セラピスト&大阪のタロット占い師 樹実です。

前回、予告したとおり、十牛図の樹実的解説・画をお届けします。

十牛図(じゅうぎゅうずとは?)→禅の悟りに至るまでを「牛を探す」ということになぞらえ描いた図です。

第1回目は、一枚目の絵、「1.牛を探す(尋牛じんぎゅう)」についてです。

まずは絵を見ていただきましょう。


$樹実@自己探求セラピスト・大阪のタロット占い師 ~いつみても樹実日記(blog)~

ちなみに本物?の絵はこんな感じ。↓

伝周文筆 室町時代
縦32.0 長181.5
円相径14.0
紙本墨画淡彩 一巻
相国寺蔵



十牛図は、「牛を探す自分」→右矢印「見つけた!」右矢印「んでどうする?」

という流れで描かれていますが、一番目の絵にはまだ「牛」すら登場しません。

ちなみに登場する「牛」とはなにを表しているか、
基本事項として抑えておいていただきたいと思います。

これは図につけられている説明文から、「自分の牛」=「自分の心」
と捕らえるのが一番解りやすいと思います。

つまり主人公である私は「自分の心」を探して旅に出るのです。

「自分の本心」かもしれませんね。

でも、本来心は自分の中にあるにもかかわらず、
どうして、わざわざ旅に出るのでしょうね?

自分以外の所にあると思っているのでしょうか?

この人は自分のことを「知らない」のでしょうか?

自分の使命や役割とか生きている意味とか価値か…は、
外の世界が教えてくれると思っているのかも知れませんし、

誰かが教えてくれると思っているのかも!?

どんなキッカケだったのかわかりませんが、
彼は「失ったモノを探そう」としているのです。

そう、自分の心をです。

そして、それは自分の中の「真実」を探しているのかも知れませんね。



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

★ここでタロット豆知識★
ちなみに私のこのヘタッピな絵ですが、ハダカの主人公を描いています。
なぜハダカ?

そうそう。

タロットの世界ではハダカの人物は、人間の丸裸の状態。

つまり、精神やスピリットそのものを象徴するのですよー。

自分探しは自分が自分を探す… つまり自分のタマシイが自分のタマシイにアプローチすることじゃないかなあ…と思ってハダカにしてみました。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

話は戻りまして、この牛を探し求めている人…

運命の人を探している人にもなぞらえることが出来ます。

その女の子を「めいこちゃん」としましょう。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

めいこちゃん劇場
タイトル「めいこちゃん…運命の人を探して…」



めいこちゃんは、自分にとって理想の誰かと付き合い、
共に生きていくことに幸せがあると信じています。

いまは「何かが足りない」そう思っています。

だから一生懸命探します。

自分にとってどんな男性が理想なのか、
どういったタイプの人となら理想の生活をしていけるのか、
自分を探求することにも余念がありません。

とはいえ、またその「運命の人」に出会っていません。

だれが、その人かも解りません。

どんな人がその人なのかも解らないのです。

だからこそ、めいこちゃんは旅に出ます。

「私、独りぼっちがとっても辛いってワケじゃないの。
 だけど、もっと満たされる出会いがあるず…自分の足りないピースを埋めてくれる…
 そんな出会いがあるはず…。」

そんな風に思っていることでしょう。

さて、めいこちゃんの旅はどのように展開していくでしょう~

続く…。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


次回は、二枚目の絵「「2.牛の足跡見ーつけた!(見跡けんせき)」
をお送りします。


*これらの内容は樹実がわかりやすくお伝えするため、独自の解釈で語っちゃてますー。
詳しく知りたい人はたくさんの書籍があるのでご覧下さいねー。



ペタしてね

かげした真由子@心理タロットと星読みさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース