感覚する身体

テーマ:
さて今週は


『身体で感覚してもらう』ことを
大事にレッスンさせていただくことが
多い1週間でした。




バレエをやっている生徒さん。



骨盤がまっすぐプリエを
する感覚が分からない。
理論はわかっている。


今回はピラティスのリフォーマーという
マシンを使って骨盤の向きを
感覚してもらいました。



プリエをするといつも
ももの前が
パンパンになります。



骨盤をまっすぐに立てたまま
プリエする向きをアシストしたら
もも前は張らなくなって
もも裏が使われ、
股関節も使われやすくなって
もも裏のハムストリングに
スイッチが入りました👍


腰が楽〜爆笑と生徒さん。
こんな感覚でやってなかったです!





プリエのとき
正しく使うと
身体全体に力が分散されて
足の裏やお尻、もも裏、
体幹の力、などで支えている
感じがあって



もも前を
すごく使ってます!
とおっしゃる方は
違う使い方を
している場合が多いです。




そのあとバーについてプリエしていたら

汗が出ますびっくりと生徒さん。



正しくやると全身運動で
プリエだけでも汗出ますよ口笛




理論で理解することも大事だけど
それを身体で感じることも
上達には大事なステップです。




骨盤の向き
見直してみてくださいニコニコ




今週もお疲れ様でした!
今週はたくさん指導させてもらいましたぁ笑い泣き
来週はまたどんな1週間かな。



Studio2ndScene 
YUKO