就労移行支援のアイ・トライさいたまセンター
  • 07Sep
    • ポジティブシンキング~ストレス解消~

      こんにちは。浦和の就労移行支援事業所、アイトライさいたまセンターのスタッフMです。9月7日(金)の2コマ目にポジティブシンキング講座を行いました。ポジティブシンキング講座では前向きに考える力を身に付けるための講座です。毎回いろいろなテーマでグループワークを行っていますが、今回のテーマはストレス解消法についてです。私たちは日々生活していく中で、対人的なストレスや、そうでないストレスも含め、いろいろなストレスの中で、社会生活を送っています。近頃では、便利なスマートフォンを利用することでも情報が入り過ぎてしまうことへのストレスがあるかもしれません。そういった現代社会において、どのようなストレス対処方法や解消法があるでしょうか?シンプルに身体を動かすのも良し、好きなものを食べるのもストレス解消になるでしょう。みんなでストレスの対処法に向けての意見を出し合うと千差万別でたくさんの意見が出て、明るい気分になります。さらにポジティブシンキングで時々行っている、「有り得えないことを考えるワーク」を行い、明日100万円使えるとしたら何をするか考えて頂きました。私は旅に出るという回答をしました。一人ではワンパターンな回答でも、みんなで考えるといろいろな意見が出てきて、毎回グループワークはやりがいがあり楽しいです。次回のポジティブシンキング講座でも、前向きな題材で、皆さんで気軽に話せるグループワークの場を持ちたいと思っております。ポジティブシンキングでは、初めての方にも、特に馴染みやすい内容となっておりますので、ご見学・体験の方のご参加もお待ちしております。アイトライでは随時、ご見学・体験の予約を受け付けておりますので、お問合せは電話、048-711-7467または、こちらのメールフォームまでお気軽にご連絡お待ちしております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:ポジティブシンキング~ストレス解消~

      10
      テーマ:
  • 05Sep
    • Knowbeと実践問題講座を行いました

      アイトライさいたまセンター訓練生のTです。去る8月16日は、新講座「knowbeと実践問題」を行いました。きっかけはスタッフのMさんに「knowbeを使っていてどうですか?」と聞かれたことでした。思えばknowbeを使ってExcelの勉強をされている方は多いですが、直後に理解度テストはあるものの、それ以外に実践問題がありませんでした。しばらく時間を置いてから問題をやってみてこそ、実力アップに繋がると思います。そうMさんに話しました。さらに、口だけではなく実際に簡単な実践問題を1問、高校~大学時代の記憶を参考に作ってみました。これを皆さんにやってもらって、実力をさらに上げていただこう、ということでこの講座をやってみることにしました。Mさんとリハーサルをしたうえで、いざ講座本番です。今回は1回目ということで、簡単な売上集計表を完成させ、グラフも作るという問題でした。実際にやってみると、感想として「Excelは元々得意でこの問題は余裕だったが、初心に帰れた」「成果物を作るという達成感が味わえる」という言葉を頂けました。初回だったのもあり、至らなかったところも多数ありましたが、皆さんからいただいたご意見を参考に、次回はより良いものにしていきたいところです。次回は「knowbeに触れよう」という題目で、knowbeを使用することを目的として、エクセル以外にも、パワーポイントも扱っていこうと思っています。次回は、9月19日2コマ目の予定です。よろしくお願い致します。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:Knowbeと実践問題講座を行いました

      3
      テーマ:
  • 04Sep
    • 情報リテラシー講座

      さいたま市浦和駅近くにあるアイトライさいたまセンターのKです。今回平成30年9月4日(火)4コマ目に情報リテラシー講座を開きました。情報リテラシーってあまり聞き慣れない言葉かと思いますが、メンバーさんも数人聞いたことがあると回答されました。情報リテラシー(information literacy)とは、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力の事なのですが、ピンときませんよね。そこで、初めての講座なので、実例を紹介したうえで、例題を提示し2つのグループに分かれて議論して頂きました。例題は「人事採用係」に採用されたAさんの上司から「採用応募書類が山積みになっているから管理して欲しい」と指示されました。Aさんの立場になって、応募書類をどのように管理したら良いかを話し合ってもらいました。一人で考えるより、グループで意見を出し合って議論すると、気が付かなかった方法などが出されました。アウトプットをイメージして、書類選考から面接、内定、採用そして最終的に職員になった時には職員情報まで使用するであろう応募書類。どんな方法を使って、どの様なツール(エクセル、ワード、アクセス等)を使えば管理できるかを発表して頂きました。時間ギリギリで何とか結論までたどり着くことができて、情報リテラシーの能力の向上への第一歩を踏み出せたと思います。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:情報リテラシー講座

      テーマ:
  • 31Aug
    • 2018年9月のプログラム予定表を更新しました

      2018年9月のプログラム予定表を更新いたしました。アイトライさいたまセンターのプログラムは月ごとに予定を組み、更新しています。プログラムの内容は4つの要素で構成しています。1、生活力を身につける訓練(SST・アサーション・ストレスマネジメント・ポジティブシンキング・生活力を身につける講座)2、社会力を身につける訓練(新聞読解)3、働く力を身につける訓練(パソコンスキルアップ講座Excel・Word・ビジネスメール・簿記会計講座・マネジメント講座・ゲーム理論)4、就職する力を身につける訓練(自己理解講座・模擬面接・就職活動の進め方)ご自分の心身の状態や状況に合わせて、まずは週一回から通ってみたいという方もお気軽にご相談ください。継続的に通所していくことが、働く自信につながります。見学のご予約はお電話 048-711-7467 または メールフォーム より承っております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:2018年9月のプログラム予定表を更新しました

      テーマ:
  • 29Aug
    • 運動プログラム(護身術)

      護身術を学びました。さいたま市浦和駅近くにある、アイトライさいたまセンター訓練生のTです。去る8月29日、運動プログラムが行われました。今回から毎回違うスタッフさんが同行されるようになりました。今回同行したスタッフさんは、私たちに護身術を教えて下さいました。もし、突然後ろから掴まれたり、腕を引っ張られたりしたらどうすればいいでしょうか?人間には沢山の急所があって、相手の急所を突けば女性や子供でも、暴挙のてから逃れる事ができます。でも人を傷つけてはいけません。急所を突くことで相手を怯ませ逃げるのです。その他に決め技の基本形である「S字型」、「Lの字型」、「コの字型」の3つを習いました。早速実践してみると、私を含め皆「いたたたた…!!」と言っていました。男性と女性の割合がほぼ半々だったのもあり、男女間でも試してみました。やはり皆うめき声をあげていました。私は男性ですが、力はあまりないので、こういう護身術は覚えておきたいと思いました。最後に質問したら、男性同士では時々ある、胸倉をつかまれた場合にもこの護身術が有効だそうです。今後こういう目に遭った時に有効活用したいところです。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:運動プログラム(護身術)

      テーマ:
  • 28Aug
    • 簿記会計講座

      スタッフのkです。8月27日の簿記・会計講座は、現金・預金の項目を学習しました。特に今日は現金の過不足が発生した場合の現金過不足勘定について学習しました。少し感覚的に難しい部分も含んでおりましたので次回は、練習問題をみっちりやってもらい理解を深めて頂ければと考えております。簿記・会計・金融機関の業務・経理事務などに興味をお持ちの方、是非1度見学にお越しになりませんか?講座は今後もおおよそ2週間に1回の割合で開催する予定です。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:簿記会計講座

      テーマ:
    • PCスキルアップ講座~Excel適切なグラフを使おう~

      みなさんこんにちは。さいたま市浦和にある就労移行支援事業所アイトライさいたまセンターのスタッフIです。PCスキルアップ講座では前回に続いてグラフをテーマに行いました。今日は「こんなデータの時はなんのグラフがいいか?」ということをとことん行いました。例えば・・・値の推移を時系列でみたい時は→折れ線グラフ現時点を見せたいとき→棒グラフランキング関連のデータは→横棒グラフ割合を見たいとき→円グラフ個別の推移と合計値の推移を同時に見たいとき→積み上げ縦棒グラフ各自異なるデータをもとにグラフを作成して頂いて、そのグラフの特徴や効果を実感して頂きながら作業しました。皆さん使用したことのないグラフもあり、いろいろ試してみようという気持ちになったとコメントを頂きました。パソコン学習については、当センターでは普段からMOSのテキストや、個人のペースで進められるリクルート社のオンライン学習システムノウビーを使用して、皆さんスキルの習得に取り組まれています。ぜひ講座と組み合わせてパソコンのスキルアップに役立てていただきたいです。★講座は続けての内容ではありませんので、体験の方もぜひお気軽にご参加ください。見学のご予約はお電話 048-711-7467またはお問い合わせフォームから承っております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:PCスキルアップ講座~Excel適切なグラフを使おう~

      テーマ:
  • 25Aug
    • 三色パステルカラー

      三色パステルアート体験をおこないましたこんにちは。浦和にあります就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター訓練生のNです。8月25日(土)に講師の方をお迎えして、三色パステルアート体験をおこないました。使う材料は色の三原色である「赤」「青」「黄」の三本のパステル、コットン、練り消しゴム、綿棒のみ。特に高価な道具は必要無く、気軽にチャレンジできるアートセラピーだそうです。今回の絵のテーマは「木」と「夕日あるいは朝日」。先生のお手本を見ても、夕日の色合いや光の加減など、とても三本のパステルだけで表現したようには思えません。少し不安に思いながらも、先生の丁寧で親切なご指導の下、作業を開始。まずははがきサイズの用紙に土台となる黄色をコットンを用いて着色していきました。この時点で既に、参加者それぞれの個性が現れ始めました。慎重に作業を進める人、どんどんと塗り進める人、色も濃かったり、薄かったり。夕日や朝日の表現を三色のパステルでおこなってから、木も描きました。光の差し込むような表現は練り消しゴムを使っておこないました。無言で無心となって自分の作業に向き合ったり、時には他の方の作品を見ながら話したりしてあっという間に2時間弱が過ぎました。同じ道具を使って同じテーマで描いても、写真のようなそれぞれ個性溢れる絵が完成しました。参加メンバーも久々に絵を描いたが楽しかった!夢中になれたなど様々な意見が出ました。いただいたフレームに作品を入れるとさらに特別感が増しました。 ■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:三色パステルカラー

      テーマ:
  • 24Aug
    • 健康ストレッチ

      アイトライさいたまセンタースタッフのKです。毎日12:50からストレッチ体操を実施していますが、今回のプログラムでは総合病院での理学療法士から伝授して頂いたストレッチのプロの技をメンバーの皆様と実施致しました。「痛くならない程度のストレッチを30秒以上継続する」が基本でした。そして、呼吸法も取り入れて、身体に酸素を取り入れながら有効的なストレッチ方法を学ぶプログラムでした。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:健康ストレッチ

      テーマ:
  • 20Aug
    • ポジティブシンキング~リフレーミング~

      こんにちは、浦和の就労移行支援事業所、アイトライさいたまセンターのスタッフMです。8月20日(月)二コマ目にポジティブシンキング講座を行いました。ポジティブシンキングでは、まず講座の初めに、人に明るい印象を与えるための、正しい姿勢、表情筋のストレッチ、発声を行っています。その上で、毎回、前向きに考えるための題材を与えて、それについて考え書き出す作業を行い、グループワークでそれについて話し合うということをしています。本日の題材では、リフレーミングをテーマに、マイナスをプラスにして考えることを繰り返し行う内容にしました。リフレーミングは毎度行っているものなのですが、物事の事柄は変えず、見方・捉え方・その後の行動をプラスに構築していくというものです。本日のリフレーミングの一例として、「立て続けに嫌味を言われたので、カッとして、言い返してやろうと思った」という文章がありました。それに対して、「自他ともに良くない部分を客観的に見つめてみようと考えた」とリフレーミングすることもできます。これも十人十色なので、グループワークで他の人の意見を聞くのは楽しいものです。また、今回はうまくいかない一日を例文を挙げて、翌日はどんな一日になったか、その話しの続きを皆さんに創作して頂きました。最後は、就職・復職したら、こんなことがしたいなぁという夢について皆で語り合いました。アイトライさいたまセンターでは、このようなグループワークを繰り返し行ってきた方々が就職を果たし、社会で活躍される存在になられています。ポジティブシンキングでも社会生活を意識したプログラム作りを日々行っております。次回のポジティブシンキング講座でも、前向きな題材で、皆さんに気軽に話せるグループワークの場を持ちたいと思っております。ポジティブシンキングは、初めての方にも、特に馴染みやすい内容となっておりますので、ご見学・体験の方のご参加もお待ちしております。アイトライでは随時、ご見学・体験の予約を受け付けておりますので、お問合せは電話、048-711-7467または、こちらのメールフォームまでお気軽にご連絡お待ちしております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:ポジティブシンキング~リフレーミング~

      2
      テーマ:
  • 18Aug
    • 笑顔でゲーム大会

      こんにちは。浦和にあります就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター訓練生のKです。8月18日(土)のイベントはゲーム大会でした。内容は「カタン」というボードゲームと「語彙の王様」というカードゲームです。それぞれのグループに分かれてスタッフさんが用意してくれたお菓子を食べながら終始笑いが絶えない楽しい時間を過ごせました。私は「カタン」の方に参加したのですが、こちらは今回初めてカタンをプレイするメンバーさんが2人居られたのですが、お二方とも気に入ってくれたようでとても楽しそうに参加してくれました。私は今回で「カタン」は3回目なのですが、最下位になってしまい自分の戦略性の無さを痛感させられました。次回は頑張りたいです!!もう一つの「語彙の王様」の方も盛り上がって、日頃の訓練の良い気分転換になりました。次回も是非参加したいと思います。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:笑顔でゲーム大会

      テーマ:
  • 13Aug
    • 就職活動の進め方~相手(会社)を知る~

      今日の「就職活動の進め方」の講座では、「相手(会社)を知る~企業が求める人物像を理解する~」というテーマのもと行いました。前回は自分を知るという視点で、自分の能力・興味・価値観を振り返っていただきました。今日は労働市場を理解し、企業が求める人物像を理解するという視点で講座を進めました。企業の求める人物像ですが、いろいろな企業が求める人物像をHP等でオープンにしています。よく見るのが「~行動できる人」というキーワードです。経済産業省が2006年から提唱している「社会人基礎力」では「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、このような行動特性が重視されています。自分にどのような行動特性があるか、企業はどのような人物を求めているのかを擦り合わせることで、自分の売りをしっかり知り、アピールすることができると思います。障害や疾患をお持ちで就職を目指されている方、一緒に就職活動に取り組みませんか?どうぞお気軽にご見学・体験にお越し下さい。お問い合わせは電話048-711-7467または、こちらのメールフォームにて承っております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:就職活動の進め方~相手(会社)を知る~

      テーマ:
  • 11Aug
    • 私の名曲でセンスを磨く。

      こんにちは。就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター訓練生のHです。8月11日(土)にプログラム「私の名曲」に参加してきました。今までも、何度か開催されていて、今回も自分の好きな曲、思い入れのある曲をプロジェクターを使いYOU TUBEで流したり、CDをおのおの持ち寄ったりしてそのエピソードをみんなで語り合いました。まずは欅坂46の曲から始まりました。次のメンバーさんはラップと続きます。僕の番です。僕は初めての参加で、スティーヴィ―ワンダーの曲をかけました。その後も他のメンバーさんたちは様々なジャンルの曲を流し、それそれ曲にエピソードを紹介しました。「自分の中のアイドル」の曲を流している方もいました。時間の関係で1人2曲ずつかけ、終了になりました。自分の世界だけではなく、普段一緒に訓練している人たちのプライベートな世界に触れられ新鮮な時間でした。また、この時間を楽しみに自分の音楽センスも磨いていきたいと思いました。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:私の名曲でセンスを磨く。

      3
      テーマ:
  • 08Aug
    • ストレスマネジメント講座

      こんにちは。浦和にあります就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター、スタッフのAです。先日、『ストレスマネジメント講座』を行いました。今回から2巡目に入ります。心機一転、第一回目の講座として、「ストレスとは何?」というところから始めました。第一回の講座の目的は2つ1)ストレスマネジメントの定義の確認と必要性の理解2)「ストレス」についての理解まずはワークを行いました。どんな場面でストレスを感じるか、日常の色々なシーンを思い起こし書き出し、書き出したものを発表して頂きます。全員に、各人が書き出したものを発表して頂きました。・仕事でミスした時・人とのコミュニケーショントラブル・コミュニケーションそのもの(トラブルはなくても)・物事がうまく進まない・叱責された時・苦手な場面、環境…等々、たくさんのシーンがホワイトボードに書き込まれていきます。この全員から出てきた「ストレスを感じるシーン」を見て、自分も当てはまるもの、当てはまらないものに分類。リストの順に、自分も当てはまる場合だけ手を挙げて頂きます。ほぼ全員が手を挙げるもの、半分以下の人数しか手を挙げないもの…色々あって興味深く感じました。中にはすべてが当てはまると、全リストで手を挙げる方もいらっしゃいました。ここで感じて頂きたかったのは、・どんなシーンでも「ストレス」になりうる、という事。・同じシーンでも、人によって「ストレス」と感じる人と感じない人がいるという事。これが、「ストレス」を理解する上でも最も大事なことの一つであり、実社会における対応で難しい部分でもあります。「人によってストレスの感じ方は違う。」この認識無くして、「ストレスマネジメント」などありえません。その人にとって何がストレスなのか、どういう時にストレスを感じるのか、どうすることでストレスを軽減できるのか…人によって違うからこそ、まずは理解するところから「ストレスマネジメント」が始まるのです。講座の中では、ストレス」の三要素(ストレッサー、ストレス反応、ストレス耐性)について触れた後、ストレスとホルモンの関係を紹介し、「ストレス反応」の仕組みや「ストレス反応」の三段階について学習しました。「ストレス」を受けると人の脳や体はどのような反応をするのか。知ると怖くもなりますし、ストレスから体を守らなければ、と真剣に思えると思います。ご興味のある方はぜひ、ストレスとホルモンの関係や、ストレス反応の三段階について調べてみて頂けたらと思います。最後に、「ストレスとはあなたにとってどんなものですか?」という質問をしました。色々な意見が出ましたが、個人的に興味深かったのは「ストレスとは生命活動である」という回答でした。「生きていれば、全ての出来事が『ストレス』になりうる。それは必ずしも悪いことではなく、良いストレスも悪いストレスもある」そのような意味合いで理解しましたが、「『言いえて妙』とはまさにこういう時に使う言葉なのでは」と思ってしまいました。「ストレスの3要素」のところで説明していたのですが、必ずしも悪い出来事だけでなく、慶事のような一般的なおめでたいと言われるようなことでもストレス要因になる、と一般的に言われています。言い換えれば、そのストレス要因によって引き起こされる「ストレス反応」の出方の違いによって、「良いストレス」と感じたり、「悪いストレス」と感じたりする…という事です。そう考えると、良いストレス、悪いストレス、あまり自分で感じないストレスも含めて、「ストレスとは生命活動である」と言えますよね。この名フレーズをかみしめながら、なるべく「悪いストレス」よりも「良いストレス」と感じられる自分でありたいなとしみじみ思いました。2巡目に入りましたこちらのストレスマネジメント講座ですが、私自身しっかり勉強しながら、引き続きお伝えしていきたいと思っております。見学の方も大歓迎です。ご予約はお電話 048-711-7467またはお問い合わせフォームから承っております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:ストレスマネジメント講座

      テーマ:
    • 英会話

      アイトライさいたまセンターのkです。本日は月に一度の英会話のクラスの日でした。本日の会話は、There you are. Nice to meet you. Nice meeting you.Good to see you. Nice talking to you. それぞれのテーマについて、AさんとBさんの会話形式で、解説を行うとともに理解を深めてもらいました。英会話のクラスですので、必ず声に出して会話をして貰うようにしています。皆さん和気あいあいと英語をしゃべり、日頃のストレス発散にもなっていたようです。習うより慣れろです。また、英語を使うことは脳の活性化にもつながります。貴方も難しく考えず、日頃のストレス発散してみませんか?■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:英会話

      テーマ:
    • PCスキルアップ講座Word~ビジュアル文書の作成・実践編~

      みなさんこんにちは。さいたま市浦和にある就労移行支援事業所アイトライさいたまセンターのスタッフIです。今日のPCスキルアップWordの講座は、これまでは既に完成されたポスターを元にWordの様々な機能を使用してビジュアル文書の作成を行ってきましたが、今回は総集編ということで、以下のアイトライで実際に行われるイべントを題材にした課題のみをお伝えして、個人個人でデザインやキャッチコピー、案内文を考えてもらい皆さん自由に作成していただきました。■作成して頂いたポスターの概要~テーマ:アイトライで行われる「ゲーム大会」の告知、実施するゲームの内容: カタン・語彙の王様、実施日時:8月18日(土) 13:00~14:50■作成にあたっての注意事項~上記の概要を盛り込む。A4サイズ 1ページで作成する。題名(ゲーム大会)と参加を促進するキャッチコピーを必ず入れる。例.みんなで熱くなろう!など。その時題名は「文字の効果と体裁」機能(ホームタブ→フォント)を使用する。「カタン」と「語彙の王様」の画像をポスターに挿入する。画像を入れたい時は、挿入タブからオンライン画像を検索することもできますし、Googleで検索して見つけた画像を貼り付けることもできます。またスクリーンショット機能を使用してスナップショットを文書に入れることもできます。挿入した後、余分な部分を取り除きたい時はトリミングや背景の削除なども活用できます。挿入した画像が自由に動かないと悩まれる方もいましたが、文字列の折り返しを行うことでオブジェクトの周囲に配置することや重ねることが可能になります。自分でデザインや配置を考え製作していくことは難しさより、楽しさが勝るかと思います。また実際やってみてうまく操作できない時に聞いたり調べたりを繰り返すことで自然と身についていくかと思います。画像は訓練生の方が作成したものです。背景に素敵な素材を使われていてストーリー性を感じます。パソコンスキルは使い慣れている方もいれば、これから勉強したいと初心者の方もおり、様々です。当センターでは普段からMOSのテキストや、自分のレベルに合わせて進められる、オンライン学習システムのノウビーを使用して、皆さんパソコンスキルの習得に取り組まれています。PCスキルアップ講座では便利な機能をご紹介することに重きを置いています。初めての方もそうでない方もどうぞお気軽にご見学・体験にお越し下さい。お問い合わせは電話048-711-7467または、こちらのメールフォームにて承っております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:PCスキルアップ講座Word~ビジュアル文書の作成・実践編~・・・

      テーマ:
  • 06Aug
    • 心に残る言葉

      こんにちは。浦和にあります就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター、訓練生のKです。先日「心に残る言葉」と言うプログラムの司会進行役をスタッフさんと一緒にさせて頂きました。このプログラムは自分の心に残る言葉(誰かに言われたり、読んだ本の心に残る言葉)をお互いに発表し合って共有すると言うプログラムです。プログラムでは先ず司会役のスタッフさんと私が発表し、その後メンバーさん同士で共有してもらいました。中には、哲学者の言葉を引用した人もいて、皆さん楽しそうに盛り上がっていました。私も皆さんがそれぞれ大切にしている言葉を聞き、とても感銘を受けました。私自身としては今回初めて司会進行役をやらせて頂いたのですが、それも大変勉強になりました。準備でスタッフさんと進行について話し合ったり、記入用紙を作ったり、プログラムの告知をしたりと色々な経験をすることが出来ました。私は人とやり取りをしながら物事を進めていくことが苦手なのですが、このような就労する上での課題に沿った訓練をすることで自分の自信にも繋がっていくのだと思います。機会があれば是非また挑戦したいと思っています。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:心に残る言葉

      テーマ:
    • ポジティブシンキング~ストレングスポイント~

      こんにちは。アイトライさいたまセンターのスタッフMです。8月6日の2コマ目にポジティブシンキング講座を行いました。ポジティブシンキング講座では、前向きな考えを身に付けることを目的として、毎回テーマに沿って課題を与えるグループワークを行っています。今回はストレングスポイントをテーマとしました。ストレングスポイントは、福祉の用語で良く使われています。ストレングスポイントの視点として、人の弱みに焦点を当てるのではなく、強みに目を向けます。今回は、そういった自分の強みについて書き出して貰い、どんな場面でお仕事に活かせるかなどをグループで共有する時間を持ちました。また、学業や職業でお世話になった方の長所や、その方が自分に与えてくれたものについても考えて共有しました。自分一人では、思いつかないことも、他者の意見を聞くことで、自然と思い浮かぶことも皆さんあるようで、そんな気づきを今回も得られたという感想を頂けて良かったです。次回のポジティブシンキング講座でも、前向きな題材で、皆さんに気軽に話せるグループワークの場を持ちたいと思っております。ポジティブシンキングは、初めての方にも、特に馴染みやすい内容となっておりますので、ご見学・体験の方のご参加もお待ちしております。アイトライでは随時、ご見学・体験の予約を受け付けておりますので、お問合せは電話、048-711-7467または、こちらのメールフォームまでお気軽にご連絡お待ちしております。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:ポジティブシンキング~ストレングスポイント~

      テーマ:
  • 04Aug
    • 夏祭り ~たこ焼き・カステラ~

      こんにちは。就労移行支援事業所アイトライさいたまセンターの訓練生Mです。先週の土曜日に、夏祭りのイベントを行いました。内容は、参加者でたこ焼きとベビーカステラを作り、楽しんで食べるというものです。材料はスタッフと訓練生で買出しに行きました。お昼過ぎから準備を始め、たこやキャベツを刻みたこ焼き粉をボウルに入れて水と混ぜて生地を作りました。そして、たこ焼きプレートを使っていざ調理へ。生地を流し込み、たこを入れます。今回は普通のたこ焼きともう一つ、チーズ、ベビースターラーメン、(ちょっとマスタード・・・)など色々トッピングしたたこ焼きも作りました。みんな慣れない手つきながら一生懸命たこ焼きの形作りをし、だんだんと丸い形へ。出来上がったたこ焼きを見て、大満足!いよいよ食事タイム。もぐもぐ、うんおいしい!みんなで作ったからその分おいしい!外がカリカリ、中はジューシーで絶妙な食感に!その後はホットケーキミックスを使って、ベビーカステラや、ウインナーを入れたアメリカンドッグ風?を作ってご満悦。楽しく作り、美味しく食べられたとても良いイベントになりました。■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:夏祭り ~たこ焼き・カステラ~

      テーマ:
  • 31Jul
    • 生活力を身につける講座 ~「朝の過ごし方」について考える~

      こんにちは。浦和にあります就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター、スタッフのAです。先日『生活力を身に付ける講座』を開催いたしました。今回のテーマは『朝の過ごし方』について。まずは、グループワークにて『朝の過ごし方』について、日頃意識していること、工夫していること、取り入れていることなどについてグループで話し合って頂きました。・毎日同じ時間に起きる・朝食を必ず食べる・ストレッチをする・水を飲む・ウォーキングをする・ジョギングをする・ペットの世話をする・スマホのゲームをする・おやつを食べる‥等々。皆さん、いろいろな習慣、こだわりがあるようで、各グループ大変盛り上がりました。次に、『朝の過ごし方』が、生活力、特に健康面においてなぜ重要なのか、今までの生活力の講座で触れてきた『体内時計』や『睡眠』の重要性の観点から少し解説を加えさせていただきました。『体内時計』という切り口から「朝」を考えるなら、「朝」は体内時計の狂いをリセットする大事な時間です。。人間の体内時計は24~25時間と言われていて、何もしないと24時間という地球の自転のリズム(=時間)とずれてしまうようになっています。その「ずれ」を毎朝リセットしてくるのが「太陽の光」。これは前回までの復習になりますが、毎朝決まった時間に太陽の光を浴びることは、体内時計を正しく動かし、身体の各器官を正しく機能させるうえで不可欠と言えます。『睡眠』という切り口で「朝」を考えるなら、「朝」は『睡眠』に必要なホルモンの分泌に関係する重要な時間です。夜寝ている間に分泌される睡眠ホルモン「メラトニン」と、太陽が出てから分泌される幸せホルモン「セロトニン」が切り替わる時間。太陽の光を浴びて親時計がリセットされると、14~16時間後に「メラトニン」が分泌されるように脳の中で準備が始まります。この「メラトニン」は、脳と体を自然な睡眠状態へと導いてくれるホルモンです。寝付きが悪い、寝てもすぐに起きてしまうなどの不眠症状や、いくら寝ても寝た気がしないなどの過眠症状などの睡眠障害は、このメラトニン不足が原因となり起こると言われています。また、朝太陽を浴びてそれまで分泌されていたメラトニンがストップし、代わりに分泌が始まるのが幸せホルモンと言われる「セロトニン」ですが、このセロトニンは心と体のバランスを安定させるという本来の役割だけでなく、「メラトニン」を生成するための材料でもあるという点で、日中正しく分泌させることが、心身の安定や質の良い睡眠にとって大変重要と言えます。セロトニンを増やすには、1)朝起きたら太陽の光を浴びる2)一定の動き(リズム)を継続する運動(ウォーキング、ジョギングなど)を行う3)食事をよく噛む(=咀嚼もリズム運動の一種)4)スキンシップ5)トリプトファンを含む食品(バナナ、乳製品、大豆製品赤身の魚、肉類など)を食べるといった方法が有効という事ですので、セロトニンを増やそうという意識を持って「朝」を過ごしていただくと、有意義な過ごし方になるのではないかと思います。「有意義な過ごし方」というと、何か高尚な聞こえ方ですが、実際はもっと身近で健康に直結する大事なことです。逆を考えると、体内時計は狂いっぱなし、分泌されるべきホルモンが正しく分泌されない…わけですから、それが続くとどうなっていくのか考えると恐ろしいですよね。さて、こんなことを踏まえて、最後に各グループで『理想的な朝の過ごし方プラン』を作って頂きました。「完璧なプランができた~」と言って盛り上がっているグループもあり、なかなか楽しかったです。毎日、となるとなかなか敷居が高いですが、まずは休日の朝からでも、『理想的な朝の過ごし方』を体現して頂けたらなと思います。『生活力を身に付ける講座』は、「就労準備性ピラミッド」の底辺部分にあたる 1)健康管理、2)日常生活管理に分類される能力を、総合的に高めていくことを目的としている講座です。今回は、「朝の過ごし方」がテーマでしたが、これからも色々な切り口で、ピラミッドの底辺を強固にしていけるように講座を開催していきます。見学の方も大歓迎です。講座へのご参加をお待ちしております。(見学のご予約はお電話 048-711-7467またはお問い合わせフォームから承っております。)■アイトライさいたまセンターは、さいたま市だけでなく、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、蓮田市、白岡市などにお住いの障がいをお持ちの方にも支援しております。さいたま市浦和区障害者福祉サービス 就労移行支援事業所アイトライさいたまセンター電話番号 048-711-7467 (営業時間 9:00~17:00)住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-14-17 浦和マルゼンビル3階引用元:生活力を身につける講座 ~「朝の過ごし方」について考える~

      テーマ:

Ameba人気のブログ