赤を愉しむ眼鏡 アランミクリ A03082-006 | 鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

佐賀県鳥栖市にあるめがね・時計屋です。オプトメトリストによる検眼、時計の修理、電池交換、機械式時計のオーバーホールなどお受けしております。鳥栖市内はもとより基山町、中原町、佐賀市、小郡市、久留米市など佐賀、福岡県各地よりご来店いただいています

こんにちは、眼鏡・時計のいとおです

alain mikli A03082-006

 

新導入ブランドのアランミクリのメガネです。

  

大胆なデザインやカラーリングで90〜00年代の眼鏡業界をリードしてきたアランミクリの眼鏡です

 

一時期、低迷した時期があったと聞きましたが、

20年代に入ってまたかつてのミクリの輝きを取り戻したような、魅力的なアイテムが揃っております。

私の中のアランミクリのイメージは「赤」でした。

大胆かつ調和のとれた赤の色使いは色彩のマジシャンとでも例えられるでしょうか。

 

ふつう、赤の眼鏡はインパクトが先行されるカラーですが、

差し色で黒を配置する事で、落ち着きを兼ね備えた印象を与えてくれます。

 

レンズシェイプはエッジを効かせたフォックスタイプですが、あまりキツくならないよう

天地幅にゆとりを与えて柔らかさも演出しています。

 

さすがアランミクリの眼鏡です、見ているだけでもウットリしてしまいます。

 

眼鏡業界はクラシック一辺倒の昨今ですが、モード系の眼鏡で人と差をつけるはいかがでしょうか。

 

ちなみに、私もミクリの眼鏡をひとつ新調しようと検討中ですが、どれも良すぎてなかなか選定できておりません(いいメガネほどお客様に掛けてもらいたいという葛藤もアリ、、、)

 

ぜひアランミクリの世界観を当店で体感してください!