子どもの眼は定期的に検査をしましょう | 鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

佐賀県鳥栖市にあるめがね・時計屋です。オプトメトリストによる検眼、時計の修理、電池交換、機械式時計のオーバーホールなどお受けしております。鳥栖市内はもとより基山町、中原町、佐賀市、小郡市、久留米市など佐賀、福岡県各地よりご来店いただいています


テーマ:

こんにちは、オプトメトリストのいるお店のいとおです。

小学5年生 女の子

主訴:

2年前に買ったメガネが見づらくなった

小さいころから遠視がある

 

現用メガネ度数

R +4,50 C-1.0x180(0.2)

L +4.75 C-2.5x180(0.3)

 

所感:

現用メガネで視力がそれぞれ0.2、0.3ということで視力が出ていない。

強度遠視で視力が上がっていない場合は、弱視の可能性もある。

 

red/greenの視標を見てもらい、今の状態を把握すると、

 

G<R

 

という結果となった。

どういうことかというと、緑視標より赤視標が見やすい。

どういうことかというと、これは色収差を利用した検査で、被験者は屈折力が弱い赤が見やすいという事だ。

どういうことかというと、赤が見やすいということは被験者の眼の焦点が網膜より前方にあるという事だ。

 

つまり被験者の眼はメガネをかけることで近視になっていたのだ。

遠視矯正のメガネをかけて近視になる、ということは遠視の過矯正という事になる。

 

遠視、特に強い遠視の場合の私の検査手順としては、まずは視力が0.1になるまで視力を落とす。

これは余分な調節力を働かせないための配慮である。

 

そして視力が0.5程度のところまで上がったところで乱視の検査を行う

 

最終的に高い視力が出たところで精度を高める。

 

結果として今のメガネは遠視の過矯正と乱視の未矯正が検出された。

視力は1.0と高い値が出た。

 

データは伏せるが、たった2年でここまで視力が変動してしまうケースも稀にはある。

決して前のメガネの視力検査が間違っていたとも思えない。

 

子どもの眼は9歳程度で形成されると言われている。

それまでにきちんと補正をして正しい視機能をキープしておくことが今後の人生に大きく関わることになる。

 

メガネを買う予定がなくてもできるだけ気軽にメガネ店を利用して頂きたい。

itotokeitenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ