BJクラシック P513N | 鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

鳥栖市のめがね・時計修理販売のお店 いとおのブログ

佐賀県鳥栖市にあるめがね・時計屋です。オプトメトリストによる検眼、時計の修理、電池交換、機械式時計のオーバーホールなどお受けしております。鳥栖市内はもとより基山町、中原町、佐賀市、小郡市、久留米市など佐賀、福岡県各地よりご来店いただいています


テーマ:

こんにちは、眼鏡・時計のいとおです。

BJクラシック P513N

 

 

クラシックフレームをつくるメーカーとして業界のトップを走るBJクラシックのフレームはセルロイドを素材として使用しています。

 

現在流通しているメガネの素材はアセテートであったり、近年であればさらに安い素材のナイロン系樹脂がメインです。

 

しかしながら、大量生産の時代が来る一昔前はこのセルロイドがメガネの素材として主流でした。

 

セルロイドフレームは、費用・人的コストがかかる、発火の危険があるなどの理由で次第に衰退しましたが、その高級感のある光沢、コシの強さ(型崩れしない)などから今では高級フレームの代名詞的存在です。

 

テンプルの裏側には品番が刻印されています。

 

セルロイド以外の素材では品番がプリントになっていますがセルロイドでは刻印です。

 

細かなところですがこういう所でも違いを感じます。

 

形は定番のP501と比べて一回り大きく少しエッジが効いていてかっこいいです。

 

ぜひ一度店頭でご覧下さい。

 

 

itotokeitenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス