京都市伏見区に福祉系建物進行中!③ | 京都の不動産・設計・建築の(有)アイトスのブログ

京都の不動産・設計・建築の(有)アイトスのブログ

こんにちは、有限会社アイトスです!

感動したこと、面白かった事、工事の事等々、日々UPしていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします☆

こんにちは、京都市上京区の有限会社アイトスです。
雨が上がったら今度は長~い夏が始まりそうな予感がひしひしと致します晴れ晴れ晴れ


さて本日は、京都市伏見区に建設中の福祉系建物の上棟式の様子をお伝えいたします。

上棟式というのは、「棟上げ」ともいいますが、建物の基本構造が完成した時点で行われる儀式のこと。土地や建物の守護神と匠の神を祭って、これまでに事故など何事もなかったことに感謝し、建物が無事に完成することを祈願するものですお願い

昔は建物の上から餅をまいたりなど大掛かりなこともしていましたが、最近は略式で行われることが多いようです。

 

 

 


祭壇に神饌(神様のお食事)を供え、飾り物を飾ります。
四隅の柱に、水、塩、米、酒をまいて建物を清めます。
そして棟梁、施主、関係者一同で工事の無事を祈願します。



上棟式が終わって、ようやく工事の工程の四分の一ぐらいというところでしょうか。
ここからまだまだ先は長いのですが、まずはひとくぎりです。

工事の経過は順に追っていきますので、次回更新をお楽しみに!