(豊島区からのお手紙)
 
 
 
 
 
駄菓子屋さんがなくなってしまって悲しい…こんにちは、伊藤院長です

 

 

 

 

 

よっしゃー!

о(ж>▽<)y ☆

 

 

 

 

 

早くも公の採択がおりました!

 





【弁当サポートプロジェクト】

 後援 豊島区







ちょっと待って…
 
 
 
 
 
定型文かもしれないけど、なんか上からじゃね?

 

 

 

 

 

そんな素晴らしい企画、是非とも豊島区で後援させていただけたらありがたいです。って言ってたじゃん。

 

 

 

 

 

まあ、書面でマウント取られてもいいですよ口笛

こっちはやりたいことをやらせていただければいいのだから。

 

 

 

 

 

シングルパパママ・お腹を空かせている子供たちに、ほぼ毎日ご飯を届けたいと。

 

 

 

 

 

とにかくご飯を食べて頑張ってくださいと。

 

 

 

 

 

そんな思いしかないわけであります。

 

 

 

 

 

とぢらにしても豊島区の認証が下りたということは、詔勅がおりたようなものですから、詔に恥じぬように動こうと思います。

 

 

 

 

 

仕事なんて大人の遊びじゃい!

\(^院^)/

 

 

 

 

 

近くの人を助けたり、役立てるように頑張ります!

 

 

 

 

 

お大事にどうぞ!

p.s. なんか、やってることが大事になっていたなぁ

 

#子ども食堂

#シングルマザー

#困っている人は

#大人でもいい

#と、思ってる

#普通の

#子ども食堂じゃない

#土日以外

#毎日

#無料で

#お弁当を

#配る

#子ども若者課

#子育て支援課

#二人の課長に

#そんなに出来るんですか!?

#って、驚かれた

#毎月

#結構な

#食材費が

#かかるけど

#豊島区や

#大塚

#自分の

#周りの

#人たちが

#助かるならば

#それがいい

#漁師が

#山を育てるように

#地元を盛り上げたり

#商売をうまくしたいなら

#客を

#儲けさせたらいい

#今は

#健康と

#食事しか

#関われないが

#生きてくために

#必要な

#物理的支援を

#出来る限りやりたい

#自分の

#出来ることを

#出来るだけ

#全力で

#やってみる

#ダメだったら

#その時はその時

#死にはしない

#死んだら終わり

#死ぬまで挑戦する