「いとう塾」は、福岡市東区 千早 の少人数制指導 塾 です。

香椎 参道沿いの、アクセスの良い場所にあります。

「一人ひとりを大切に」をモットーに、子どもたちの考える力を養います。

~~~~~~~~~~~~

 

「公式LINEアカウント」があります。

追加だけではだれが登録されたか分かりませんのでご安心を。

友だち追加はこちらから。

友だち追加

※体験入塾希望の方は、友だち登録をするとクーポンが利用できます!

~~~~~

 

塾の「新しい」選び方。それは、塾長の考えを事前に知ること。
「塾長ドットコム」がオープンしました!


塾も家庭も完全無料。
地域でキラリと光る個人塾が、

大手塾の広告に使える資本力に負けてしまうのは、

生徒や保護者の方にとってもよくない。
そんな気持ちから作られたサイトです!


「塾長ドットコム」どうぞご活用ください!
https://www.jukuerabii.com/

~~~~~

 

今日、小学生の国語で、熟語の構成について学習しました。

 

「上から読んだら意味が分かる」とか

「下から読んだら意味が分かる」とか

「上が下を打ち消す」とかいう分類です。

 

「最新」=「最も新しい」

(国語の縦書きだと)上から下に読むと意味が通じます。

 

「読書」=「書を読む」

下から上に読むと意味が通じます。

 

「不正」=「正しくないこと」

上の字が下の字を打ち消しています。

 

実は、中学国語にも同じ単元があります。

中2で出てきます。

 

学校のカリキュラムは、

同じことを何度も繰り返し学習するように作られている

ということがよく分かります。

 

いとう塾でも毎年夏休みに実施していますが、

漢字検定でも、熟語の構成について毎年必ず出題されています。

 

「熟語の構成」 大事な単元ですよ~!

 

でも、小学校で勉強したことの記憶って、なかなか定着しないんです。

 

カラーテストでサラッとおさらいして、すぐ次の単元にいっちゃいますから…^^;

 

実際に中学生に

「これって、小学生の時もやったの覚えてる?」と聞くと、

たくさんの生徒たちが目をそらします(笑)

 

その分、塾で繰り返し問題に触れて、

少しでも記憶を定着させるのに助けになれたらと思います。