名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちはにひひ



名古屋の伊藤誠悟税理士事務所です音譜


今日は、中小企業経営者が苦手な「権限委譲」、マトリクスで考える

についてお話ししたいと思います。







中小企業の経営者が苦手なこととは何でしょう?

いろいろありますが「権限委譲」がそのなかの一つに挙げられます。

理由は簡単。

会社を創業した経営者が、社内で最もパワフルかつスピーディーで優秀だからです。

しかし、会社を1ランク上のステージへとバージョンアップさせるには、

すべてトップダウンせずに、幹部や社員にある程度の権限を委譲することが求められます。


「当社は社員に権限委譲しているけれど、業績が思うように伸びない」。

こんな声が聞こえてきそうですが、その原因を「権限」と「責任」のマトリクスで考えてみましょう。




権限と責任のバランスが大切


理想的な権限委譲は「権限と責任をバランスよく与えている」(権限○、責任○)状態を指します。

社員の能力に応じて権限を与え、それと同様の責任を課します。

そうすれば社員は生き生きと自ら考えながら、自発的に仕事をするようになります。


2つめは「権限は与えているけれど、責任は与えていない」(権限○、責任×)ケース。

「責任は俺がとるから、好きにやれ」という状態は、一見部下にとってやりやすそうな気がしますが

、一歩間違えると丸投げ同然です。

部下はどのように仕事を進めればいいのかわからなくなり、

仕事が自分の能力の範囲内に納まってしまいがちになります。

裁量の範囲内でベストパフォーマンスを発揮してもらうには、権限に見合った責任を与えましょう。




責任だけ過度に課すと、社員は潰れる


あまり好ましくない例は以下の2つあります。

これらはお世辞にも「権限委譲」とはいえません。


「はじめから権限も責任も与えていない」(権限×、責任×)。

社員は社長の指示されたままの仕事をこなすだけ。

指示通りのアウトプットは、ある程度期待できますが、それ以上の結果はまったく望めません。

社員からの自発的なアクションは皆無。

仕事にやりがいを持てず、有能な社員ほど辞めていきます。



最後はこれら4パターンで最も好ましくない

「権限は与えずに責任だけを課す」(権限×、責任○)ケース。

責任だけ与えられても、何一つ自分で決めることができなければ

、社員は社長の意見に盲従するのみ。

どんなに能力がある社員でも、自ら考える行為をしなくなり

「社長が気に入るアイデア」を機械的に生み出すようになります。

そして、プレッシャーを過度に与えると、社員の心身を破壊し、潰れてしまいかねません。

実は、中小企業経営者に最も多いのが、このタイプといわれています。

会社を大きく成長させたいのなら、社長は有能な幹部や社員にとりあえず権限を委譲してみましょう。

委譲した結果が60点以上ならば、言いたいことをぐっとこらえてみることも大切です。







★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村


   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー



  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階





  




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。