3月19日(月)、「いとう信太郎大和町西部地区後援会」の皆様が、

国会にお見えになりました。


 

この日は、衆議院では会議は開かれておりませんでしたが、

 

参議院予算委員会の集中審議が開かれ、

皆さんに傍聴して頂きました。


委員会の様子はテレビでも中継されましたが、

森友学園への国有地売却に関する決裁文書の

書き換え問題について質疑が行われておりました。

 

傍聴して頂いた皆様からも、同問題については

 

疑念や不安の声が寄せられました。

 

私も国会議員のひとりとして、

 

三権分立の原則を尊重し、健全で信頼される行政運営が実現されるよう、

議会としてのチェック機能の責務をしっかりと果たしていく決意を新たに致しました。