こんにちは、いとうです。

新潟市で身体とヒプノのセラピストをしています。

 

 

 

シンドイ思いをしている人の日常が

ちょっとラク気づきになるといいなという気持ちで

発信しています。

 

 

 

 

他人や周りのことが
気になりますか?
 
 
 

 

 

今回も、

周りをみることが良い悪い

というジャッジの話ではありません。
 
 

 

 


周りをみているとき
どんな気持ちになりますか?

 
 
ふあん?
かなしい?
たのしい?
うらやましい?
あせる?
 
 
 
 
 
なんのために
周りをみていると思いますか?

 
 

やる気になる
新しいことをはじめる
していたことを途中でやめる
ジャッジする
小バカにする
ケチつける
 

 

 

 
 

ちなみに、

なんのために、というのは
 

結果としてなにが起きているか

です。
 

 
 
 
 
 
後半、
おいおい、、、って感じかもですが
ナチュラルにケチつけてると
どれだけ自分がケチをつけてるか

自覚するのはむずかしいです。
 
 
 
自動的にやっちゃってることなので。
 
 
 
 
はじめに書いたように、今回も、
なにが良い悪いという話ではなく
 

まずは自分に意識をむけてみましょう
ということです。
 
 
 
 
わたしはヒプノを受けるまで
問題がおきたときに
すぐに周りに答えをもとめていました。
 
 
 
どうしたらいいのか、
解決策はあるのか、
ふつうの人はどう対処するのか

(自分が少し人とちがうって自覚が、うっすらあったんですね)
効率のいいやり方はあるのか、
えらい人はどう考えるのか、


などなど。
 
 
 
これらすべて、
インターネット、本、自分以外の誰かにきくなど
 

必ず!

自分の外側から答えを得ようとしていました。
 
 
 
だから、はじめてヒプノに出会ったとき
【やり方】を示すわけじゃなく
【自分の無意識】に意識をむけるものと知って
 
 
 
真逆だ!
 
 
 
って思ったんです。
 
 
 

 

そして、真逆だというそれだけの理由で

よく分からないままヒプノを受けに行きました。

(ホームページ全部とブログを過去まで遡って読むなど下調べはしました。)

 

 

 
 
みなさんはどうでしょう?
 
 
 

 

余談ですが、

外側にこたえを求めていた頃は

外側に認められることも求めていました。

 

 

 

失敗したかもとか

言い過ぎたかもとか

 

不安になった時に

 

 

・・・・・・。

 

 

 

自分の味方になってくれそうな人に

完全に自分目線オンリーで状況の話をして

 

 

大丈夫だよーとか、

その状況なら仕方ないよ

 

 

なんて言葉をかけてもらっていました。

 

 

 

 

自分の中では本当は

失敗したって思っていて

 

本当なら

どこをどう失敗したと思っているのかとか

それをしたときにどんな気持ちだったのかとか

どんな対応なら、自分でもOKをだせるんだろうかとか

どんな心持ちでこれからは挑めばいいのかとか

 

自分自身をみつめる良い機会だったのに

そんなことはせず。

 

 

 

自分を認めることも、

自分以外の人にお任せしてしまっていました。

 

 

 

今は、人と会うのはその人と会いたいから。

 

自分の不足を補わせるためじゃなく、

ただその人と交流したいから。

 

 

 

とても良いかんじです。

 

 

 

インスタにも投稿しています↓

カラダと無意識とヒプノセラピー

 

 

 

こちらホームページです。