6月になると、《水無月》がスーパーでも店頭に並ぶようになります。

特に、6月の末日には、 《水無月》を食べると「無病息災で過ごせる」と伝えられてます。


《水無月》とは、下がういろうになっていて上に小豆を乗せて固めて、三角に切られた和菓子です。

6月の古い呼び名を「水無月」というので、6月限定の和菓子と言えそうですね。


この風習は、子供の頃から伝えられてるので、全国共通だと思ってました。

昨年のこの日、大阪の方で親しい人らとの集まりがあって、

「今日は《水無月》を食べる日だよね」と言ったら、

「何それ?」と驚かれてしまいました。

《水無月》って、京都限定の風習だったのーーー!?!?!

と、初めて知った真実でした。


京都では、コンビニでさえも6月になれば《水無月》を置いてるのですけどねえ。

お隣の大阪でさえ、伝わってないというのには、隔絶感を感じてしまいました。( ̄□ ̄;)


昨年は《水無月》を食べ損ねたので、今年こそは~!!!とスーパーに駆け込んだら、残り2パックのみ。売れるの早い~~~。

プレーンの白ういろうが欲しかったですけど、挽茶タイプと黒糖タイプのみが残ってたました。

挽茶タイプを選びました。

食後に頂きます。(^ε^)♪


個人的な感想ですが、やっぱり《水無月》を食べないと、夏を迎えた気になれないんですよね。

和菓子で健康維持なんて迷信でしかないですけど、そういう伝承も大切ではと思うんです。


いっそ、《水無月》が全国にも広がっちゃえばいいのにねえ…なんてね。( ̄∇ ̄+)


それでは、これにて。



参考ページ ↓


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%84%A1%E6%9C%88_(%E5%92%8C%E8%8F%93%E5%AD%90 )


http://event365days.net/archives/796.html


6/21は「ヨムの会」でした。

自分の中で定番になってる参加なので、事前連絡忘れました。ごめんなさい。


その日に持って行ったのは、栗本 薫 著 「ぼくらの時代」「ぼくらの気持ち」 の2冊です。

6月のテーマは「労働、仕事、奉仕、ボランティア、秩序、枠組み、ルール」 ということなので選んだのです。

「時代」のほうではテレビ局にアルバイトに行き、「気持ち」のほうでは友人が編集出版社勤務で、それぞれ事件に出会って巻き込まれ~と形なのです。

頼まれもしないのに、ボランティア的に探偵役になってるところも選んだ理由です。


栗本薫って、好きな作家ではあるのですが、今から思うとそんなにたくさん読んでなかったですねえ。

「グイン・サーガ」は1冊目で挫折して、それ以上読み進めなかったんです。

だって、1冊目あんまり面白くなかったんですもん。

グイン愛読者の人に言わせると、1冊目はつまらないけど読み続けると面白くなってくそうです。

そこまで読み続けるには、自分には出来なかったです。

やっぱ、1冊目への印象って大事かと思います。


栗本薫の作品で自分が読んだ本の中では、「エーリアン殺人事件」が一番好きだったりします。

「スター・ウォーズ」と「エーリアン」とその他もろもろを掛け合わせたパロディー作品なんです。

ルークもどきが探偵役となって事件解決に挑むというものです。

エーリアンが***の形だったりとかお笑い要素満載で、バスの中で読んでて笑いを堪えるのに苦労しましたね。

作品としては、下品の部類に入るかもしれませんが、抱腹絶倒で超面白かったです。

この本は、残念ながら売ってしまったようで、もう手元にはないです。


てか、この人絶対オタクだったんでしょうね、

知識と範囲が半端なく凄いし、多趣味かつ遊びもある。

作品量も凄いし、どんなように執筆運動してたの興味ありますよ。

水瓶座ならではの才能だったのでしょうね。




それはそうと、この会の中でも報告したのですが、もう一つのブログを作っちゃいました。

アニメ系なんですけどね。(///∇//)

今度は、放置せずに好きなように好きなものを語れるようになりたいです。



良かったら ↓

http://ameblo.jp/free-talk-ito/

 

それでは、これにて。



今ではもう信じられないことですが、昔、コンビニの早朝バイトで働いたことがあるんですよ、私。

週に3回で、6時~10時まで、というものでした。

メインで働いてるところとは別の、掛け持ちという形で働いてた訳なんです。

早朝バイトのある日は、終わった後にそのまま仕事先に向かっていました。

今思うと、タフだったんですねえ。若かったからこそ出来たのでしょう。

今ならば、身体が付いて行かないです。


何故に、早朝バイトしようと思ったかと言うと、ある日、貯金の金額を増やしたいと唐突に思ったんですね。

その時にしてた仕事ではあまり貯まらなさそうで、かと言って別の仕事を探すのもリスクがあるし、と考えて、もう一つ仕事を増やしたらいいのでは、と思い付いたんです。

時間的にメインの仕事に被らないように、体の負担にならない程度に、という形で、週三程度の早朝からの4時間で働いてました。

まあ、期待するほど貯金は貯まらなかったですけどね。(^_^;)


早朝バイトでは、普段では分からないいろんな体験が出来ました。

コンビニの裏事情とか、客層へのいろんなこととか。


その時に、よく言われたことは、

「缶コーヒーの1本は30本分に値する」って言葉です。

例えば、万引きなどで缶コーヒー1本を損失してしまったら、その1本分の金額を取り返すのに30本売らなければならない、とのことなんです。

たかだか100円、今だと120円か、その金額を取り戻すためには、30本を売らないと元が取れないのだと。

逆の見方をすると、30本分の売り上げは1本分をを失くしてしまうとパーになるってことなんですね。

なので、万引きや打ち間違いに気を付けて、とよく言われました。


世の中には、簡単に万引きする人がいるようだけれど、それが経済的にどんなに打撃を与えてるかって、知って欲しいですよね。


他にもいろいろあったけど、それはそれでいい経験でした。


その時期って今から調べてみると、私のネイタルチャートの2ハウスに、トランシット(運行)の冥王星が入ってたんですよね。

急激に、貯金を殖やしたいと思ったのはその所為だったのかなぁって、今になって気付いたりします。


2ハウスに冥王星がいた時代は、やっぱり貯金額のこととか、いくら時給があるかとか、どれだけ働いたらいくら貰えるかなど、そういうのに関心が行ってましたね。

それも冥王星パワーのなせる業だったのですかな。


それでは、これにて。