神の中

テーマ:

おはよう

大変でなければクリックをお願い致します


人気ブログランキング

(写真:kokoroさん)

たくさんの星々に愛のエネルギーを入れました

数え切れないくらいの星があるように、

たくさんの愛があなたに、シャワーのように

降り注ぎます。 途切れることのない愛の

シャワーです。

受け取って下さったら嬉しいです。

ありがとう

 

 

昨日の美徳というブログを書いたら、

 

何通かメールが届いていたそうです。

 

その一つに目を通させて頂きました

まさよさん、毎日ブログを書いてくださって

ありがとうございます。
今日のブログ、どうでもいいブログになったと

ありましたがそんな事ないって思ったのでメール

させてもらいました。
私は今年56歳です。
子供は33歳を筆頭に24歳、23歳、17歳の4人の

子供がいます。
私も末子の子以外はビシビシと張り倒しながら

子育てしてきました。
頭をかゆいからかこうと手を上げたら子供たちが

それぞれ殴られると頭を両手で覆った姿を見た

時に反省しましたが…
そんなつもりはなくても躾ではなく恐怖を与えて

のですね。
しかし、子供がよそから良い子だと思われたくて

躾けたこともあります。
まだ、若かったし、自分も世間からはみ出してた

こともあったからだと思います。
最近、電車に乗ると驚くような光景を見ることも

増えました。
今回、ブログに書かれてたテーブルに靴を履い

ままの子供を乗せて…というのはやはり、

私も嫌な気持ちになる光景です。
書いてくださってありがとうございます。

まさよさんのブログを楽しみにしてる人たちに

そのような事を当たり前だと思ってた人が少し

でも良くないことだと思ってくれたらいいなと

思いました。
今月末、大阪のOMMでの妖精の手帳の使い方

講座とても楽しみにしています。
こすも

 

こすもさん、ありがとう笑う

 

あー我が家と同じだなぁと、読んで可笑しく

 

なりました。

 

でもね、わたしのブログを読んで下さる方は

 

わたしと同世代の限られた年齢層なのでね

 

お若い方は殆ど見ていないのです笑う

 

わたしのブログは引き寄せとか、占いとか

 

ではないので、若い人は読んでもつまらない

 

のでしょうね。

 

わたしは自分が生きてきた事を、生きて

 

知ったことを書いておりますので、同世代の

 

方は同じように経験して、そして同じように

 

感じて下さっているのでね、だから読んで

 

下さるのだと思います。

 

若い人はわたしのブログは、”つまんね~”

 

って思うと思います。

 

あっ、同世代でも ”くっそ、つまんね~”って

 

思うかも知れませんけれどね笑う

 

 

こういう仕事をしておりますのでね

 

いろんな方が、いろんなお仕事のお話しを

 

下さいます。

 

けれどわたしには譲れない事があってね、

 

それは ”自分の胸が苦しくならない事”なの

 

です。

 

言われるままにお仕事を引き受けると

 

きっとたくさん儲けられると思います。

 

けれどその時に、もやもやするものが

 

あったり、胸が苦しくなる事はやっぱり

 

止めようと思います。

 

よく 「名前だけ貸して下さい」と言われます

 

占いとか、いろんな事はわたしが関わらなく

 

ても、そういう仕組みになっていて、わたしは

 

名前を貸すだけで、わたしにお金が入って

 

来るのだそうです。

 

正直、え~そんな事があるの?と、とても

 

魅力でした。

 

ラクしてお金を頂いてもいいの?って思い

 

ました。

 

けれど胸が何だかもやもやして、きっと

 

わたしは、自分が苦しくなると思いました。

 

それが仮に100円でも、10円だったと

 

しても、わたしを信じて申し込んで下さる

 

方々をなんだか騙すようでね。

 

胸が苦しくなって、出来ないなぁって思い

 

ました。

 

わたしは馬鹿なのかもしれません。

 

甘ちゃんなのかもしれません。

 

けれどわたしの神の部分が、神が喜ばない

 

ことは、したくないって思います。

 

もちろん、それでもやもやしない人はそれで

 

いいのだと思います。

 

お金を得ることに、きれいも汚いもないから。

 

だけど自分の胸の神の声を無視する事は

 

後ろめたさという、申し訳なさという

 

懺悔を背負うことになるのでね。

 

わたしがわたしを裁き、わたしが苦しむ事に

 

なりますので、そういう事は、今も、そして

 

これからも、したくないんです。

 

誰の為?

 

誰の為でもなく、わたしの為なのかも

 

知れません。

 

神様の声が聴こえないと、どうしたら

 

守護霊の声が聴こえるかと、皆さん思う

 

でしょうけれど、自分のOKやNGや、進むべき

 

こと、立ち止まることは、全てご自分の胸が

 

自分の神さまが、教えて下さると思います。

 

自分の胸に従うことは、神の声であり

 

神の意思だとそう思います。

 

すでにあなたは、神さまの中にあってね

 

神さまは、あなたと共にいるのです。

 

小田和正さんの「私の願い」を聞くといつも

 

神さまを思い出します。

 

こんなふうに、わたし達を愛して大切に

 

して下さる神の愛に、温かさをいつも

 

忘れずに感じていたいって思うのです。

 

 

 

青い空の仙台です。

 

昨日原稿の締め切りでした。

 

けれど秋を見たくて、久しぶりに犬を連れて

 

泉ヶ岳まで行ってきました。

 

秋の匂い、目に、風に五感で感じるものに

 

触れると泣きそうになります。

171114_1134~01.jpg

 

落ちた葉も

171114_1135~02.jpg

 

色褪せた葉も、何もかもが愛おしくてね

171114_1139~01.jpg

 

流れ落ちる、川の音すら美しくて

171114_1211~02.jpg

神さまに慈しんでもらっている気がするのです

 

神さまはわたしと共に、あなたと共にいるけれど

 

こうして時に川の音に、赤く染まった葉の中に

 

感じる事が出来て、人との優しさの中に

 

感じる事が出来るから、だから何だか嬉しくて

 

そして、さびしくはないんです笑う

 

駐車場のところにあった桃色のお花

171114_1140~01.jpg

まるで桃のお花みたいです。

171114_1140~02.jpg

 

今まで気が付かなかったけれど

171114_1141~02.jpg

 

これって豆柿かなぁ笑う

171114_1141~01.jpg

わたしの今日は、わたしを愛しみます。

 

わたしはわたしを愛します。

 

どうぞあなたの今日は、あなたを愛して

 

あげて下さいませ

 

あなたは、あなたを愛せます。

 

いつもありがとう笑う

 

感謝でいっぱいです笑う

 

 

 

かおりさんの「自然のボディスーツ講座(仮)」

 

12月13日12時から1時間半となります。

 

定員は、30名です。

 

受講料は、3500円でと思っております。

 

わたしも参加したかったので、わたしが

 

東京にいく日に、開催をお願い致しました。

 

今回、くみさんが何から何かまで手配して

 

下さり、ありがとうございます。

 

後日募集をさせて頂きますので、どうぞ

 

よろしくお願い致します

 

人の体には、顔から全身に見えないボディ

 

スーツがあって、意識して使うことで体系

 

が崩れるのを防げるそうです笑う

 

 

 

「手帳の説明会&お話し会」を致します

*11月25日大阪 

*1月13日 福岡

*1月27日 東京

*お申込お問い合わせは、トリニティさんまで

お願い致します。

※申し込みの際、大阪、福岡、東京のタブを

お間違えのないように、押して下さいませ

 

 

12月2日 東京は神田明神にて

「リュウ博士&まさよの開運ツアー」

行ないます。

*お申込、お問い合わせはトリニティさん

までお願い致します。

※こちらもタブが3つありまして。

◆正式参拝+トークショー 
◆正式参拝のみ 
◆トークショーのみ 

お間違えのないように、されて下さいませ

 

 

☆人生相談のご質問をお受け致します。

わたしのHPの光文社のメールアドレスまで

お願いいたします。

(ウェブに掲載する時は、匿名で誰かわからない

ように致しますが、光文社へのメールには

きちんと、お名前を記載して下さいませ)

 

 

ランキングに参加しておりますので

一日一回上か下の写真を押して下さると

嬉しいです笑う

 
人気ブログランキング

いつも応援して下さって、ありがとうございます。

 

 

~拙著の紹介をさせて下さい~

扶桑社さんから、妖精の手帳が発売に

なりました。

妖精を感じながら、妖精と共に一年を歩んで

いく手帳です。

帯は裏返してカスタマイズ出来ます。

 

この世の誰もが、自由にそして簡単に

エネルギーを扱えますように。

体の不調が、痛みが少しでもラクになります

ように、エネルギーの事を本にしました。

 

 

魂のお話し、亡くなった方のお話しを書いては

おりますが、禍々しいものではありませんので

読んで下さったら嬉しいです。

 

 

魂の安堵を書いております。みなさんが

心から安心して下さったらうれしいです。

 

 

稚拙で恥ずかしい本ですが、当時は知っている

事を全て書きつくしたと思った本でした。

この本が一番好きだと言って下さる方が多く

有難く思います。読んで下さったら嬉しいです。