流離のロマンチストかく語りき

何か書けと言われても、何と書いたらいいのか、、、、

とりあえず、暇な方は、ちょっとだけでもお立ち寄りくださいね。


テーマ:

カミを切った


なんて書くと、神を切り捨てるなんて、、、叫び って、信仰心の厚い人に怒られそうだが、そうじゃない!


かといって、、、こっちのを切ったわけでもない!虹カエル


kamikiri.jpg
天才だ!!にひひ



ようするに、髪の毛をバッサリと切っただけの話。


と言っても別に失恋をしたわけでもないし、心機一転を誓ったわけでも御座いません。


っていうか、いい年をしたオッサンが、失恋して髪を切ったなんて気持ち悪いよな。叫び


な~んて、しょうもない一言で週末を迎えました。



K-1で、ボブ・サップが復活!なんて、大々的に報じてるけど、今更、サップに期待してる奴なんか居るんだろうか?


前回の大会で、シュルトに失神KO負けしたセフォーにさえ勝てなくなってる小心者のデクノ棒を今更担ぎ出したところで何の魅力も感じない。


そういえば、K-1を立ち上げた正道館館長の石井氏の執行猶予のつかない実刑が確定したらしい。


これで約2年近くは、シャバとお別れすることになるんだろうが、誰とは言わないが、彼がバトンを渡した今現在のK-1代表には、武蔵魔裟斗をスターにするためのマッチメイクを含め、ルールの変更、レフェリーのあからさまな贔屓、インチキ判定・・・等を何度も繰り返し、地に落ちた感が有るが、かつて石井氏が立ち上げた当時は、ワクワクする試合が一杯有った。


亀田兄弟と同様、テレビが支配するようになると、 視聴率 = 金 という考えから、数字(視聴率)がとれれば何でも有りが当然のように行われるようになった。


どの世界にも多少なりの演出が有るかもしれないが、それにしても昨今のTBSK-1絡みの放送は、酷いを通り越して吐き気さえする。


で、今日は、誰でも判る今後の流れについて少しだけ触れましょう。


まず魔裟斗ですが、王者奪回とか復活とか言ってるけど、ブアカーオに勝つどころか、試合さえしようとしないで王者奪回もないんじゃないか?


MAX創世記に、クラウスが初代王者になった際、準決勝で敗れたクラウスにリベンジを目指して再戦した頃の戦闘意欲がなくなってしまったのか、、、それともクラウスと違って、ブアカーオには、絶対に勝てないと諦めてるのか、、、まあ、いずれにしても他の選手との戦いでスタミナが切れてるか怪我のひとつもしてくれる可能性があるトーナメントの準決勝以降でしかぶつからない組み合わせになるんでしょうね。


武蔵は、誰の目にも負け試合を相変わらずの贔屓判定で、延長戦持ち越してもらいながら、藤本に、まさかのKO負けを喫し、その勝った藤本までがパダ・ハリに1分も持たずにKO負けしちゃうんだから、なんとか日本人のスター選手が欲しいK-1としては、もうちょっと頑張ってて頂戴ってところでしょう。


従って、シュルトバンナグラウベモークラスとは、余程のことでも無い限り、ワンマッチやトーナメントの1回戦で当ることがないでしょう。


で、ついでに亀田


既にWBC王者を17度防衛してる、ポンサクに挑戦するようなことを言ってるが、100%、、、いや、200%有り得っこない。にひひ


というのも、ポンサクが年内で引退するという動きがあり、空位になれば、鬼塚の時と同じように、王者決定戦が行われるわけで、何も無理して1000%(100%の間違いじゃないよ)勝てない相手に挑む必要なんか無いわけで、ポンサクが正式に引退して王座を返還したら、自分と戦うのが怖くて逃げた、、、なんて、また大口を叩くんだろうね。



昨日の晩餐 ナイフとフォーク

オツマミ キノコ
地鶏ナンコツ、チャンジャ、ナメコおろし、梅キュー

お酒 ワイン
日向木挽(焼酎:ロック2合)、富士山麓18年(ウイスキー:ロックのダブル)

主な料理 ラーメン
銀鱈の味噌焼、煮物(イカと里芋)、崎陽軒のシュウマイ
コロッケ、ポテト&マカロニサラダ、こだまスイカ(半分)


何種類かのこだまスイカが駅前のかめちゅーるで、298円で売られてたので、興味本位に買って食べてみたら、皮がペランペランになるくらいの所まで実が甘くてビックリしました。

驚かれる方も居ると思いますが、この年にして生まれて初めてこだまスイカを食べました。

suika-kodama.jpg

カミさんがスイカを食べないので、大きいのを丸ごと買ってきても、なかなかはけなくて、下手をすれば腐らせてしまうことも多々有ったから、このくらいの値段で、しかも美味しいのなら、今後は、こだまスイカで十分です。

ブランド扱いされてるスイカが1個5千円以上で売買されてるようだが、僕の中での価値感は、大玉で美味いものでも、せいぜい千円チョットって所かな。

ケチと思う人も居るかもしれないが、つい数年前まで千円も出せば美味しいスイカが何処でも売ってたのに、何が原因で高くなったのか知らないが、納得できるだけの理由があれば、5千円が1万だって2万だって出す気も有るけど、勝手にブランド名をつけて、ちょっと糖度が高いくらいのものに、とてもじゃないが5千円以上も出して食う気が起こらないだけのこと。

まあ、元々が有れば食うと言う程度で、無いと死んじゃう!って言うほど大好物なわけでもないしね。



今日の誕生花 コスモス

まつばぎく
matubagiku.jpg
花言葉怠惰


芍薬(シャクヤク)
syakuyaku.jpg
花言葉はにかみ、慎ましやか


チューベローズ 月下香 晩香玉
tyuberose.jpg
花言葉危険な楽しみ、危険な関係



今日の1枚or1曲 ヘッドフォン

osmonds-crazyhorses.jpg
Crazy HorsesThe Osmonds1972

1970年代初期、友人達が好んで聴いて笑ってました。にひひ

というのも知る人ぞ知る、クレイジーホースという曲のコーラス部分で、 音譜 ~ クレイジーホース、AaaaAaaa(ウマの嘶き) ~ 音譜って感じで、その嘶き部分で笑う条件反射のようなものが出来上がってたようです。

クレイジーホースと同じ時期にヒットしてた、T’REXイージー・アクションの、 音譜 ~ ジャガジャガジャガジャガジャン(ギターの音)、ヘイヘイヘイ ~ 音譜 と並んで、掛かると皆が笑うという、、、なんか変な薬のような効果がありました。

ニコニコニコニコ日光からやってきたニコニコ忍者のニコニコガスにひひ

ちなみに僕は、全然おかしくなかったし、なんで皆が大笑いするのか全く理解が出来なかった・・・っていうか、今でも継続して理解不能なり。

クレイジーホースの嘶きは、おそらく当時の機材から想像すれば、シンセサイザーを使用したか、実際の声をエフェクト&チェンジャーしたものなんでしょう。

というわけで、アルバムそのものというより、その中の1曲の紹介でした。

osmonds-crazyhorsesbside.jpg

コミカルさを除いても、結構、ノリの良いR&Bとギターのリフで、当時を知らない人が今聴いても新鮮なんじゃないかな?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

美 女 丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。