石灰チッソ | 一望千里

一望千里

田舎ぐらしを通じて、自給自足への挑戦をしながら、野菜作り、山菜取り、海釣りなど、日常の出来事を記事にしてお知らせします。


テーマ:

数日前から南側の畑の小石をフルイに掛けて除去する作業をしています。

今日、やっと1畝完了し、次の畝に移るのですが、あまりの多さに我ながら驚いています。

しかも、20cmも掘ると歯も立たないほど硬くて、とてもそれ以上は掘り下げることが出来ないので、

ゴボウのような長い野菜は盛り土を高くして作るしかありません。

今のところ大根やニンジンは盛り土をある程度高くした程度でも、問題無く出来ます。

小石が多いと、大根やニンジンは二股になったりするので、出来れば小石が無い状態が

望ましいのですが、それ以外の作物には全く問題ありません。


一望千里

■北側の畑(小石除去後)

北側と違い南側は山砂のような土質で、北側に比べると畑に適した土です。


一望千里

■南側の畑(小石除去前)

画面でも小石が異常に多いのがわかると思います。

去年はこの場所にサツマイモを植えましたが、この状態でも全く問題無く、

結構、多く収穫することが出来ました。

今年はジャガイモを植えようと思っていますが、出来るだけ小石を除去して綺麗にしてから

種芋を植えたいと思っています。


一望千里

■小石除去前の畝

20cmほど掘り下げ、フルイに掛けて小石を除去し、また元に戻します。

この作業は時間と体力が必要ですが、最近、持病の腰痛が悲鳴を上げている状況なので、

コルセットをして頑張っています。


一望千里

■小石除去後の畝

雨が全く降っていないので土が乾燥して、サラサラした感じになっています。

後は苦土石灰と堆肥を混ぜて耕せば完了ですが、

実は、堆肥は速攻性がないため、石灰チッソを試して見ようか悩んでいます。

我が家の畑は元々、荒地の原野だったので、土が痩せていて、

なかなか良い野菜が出来ないのです。

堆肥を入れてから少しづつ土の状態が良くはなっているのですが、

満足いく野菜が収穫出来るまでには、まだ何年も掛かりそうなのです。

石灰チッソは肥料になるだけではなく、土壌のPHを上げ、土壌の殺菌や雑草の除去、

の他にも野ねずみやモグラの駆除にも効果があるのですが、

20kg 3000円以上もする高価なものなのです。


石灰チッソの詳細はこちら↓

http://gardening123.blog38.fc2.com/blog-entry-1036.html


ペタしてね   読者登録してね

ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックのご協力お願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


yuushiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス